銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d0059341_21214017.jpg

 ファンタジーやSFでは定番である、ホモ・サピエンスとは異なる人類。PSO2でもヒューマン、ニューマン、キャストの三種族が登場します。

 過去のシリーズでは、基本的にヒューマン以外の種族は、高度な科学技術によって生み出された人口種族という設定です。PSO2ではヒューマン以外の種族の起源は明言されていませんが、シリーズの慣習に習うなら、ニューマンとキャストは人口種族であるのでしょう。

 しかし、私は別の可能性を考えています。

 それは、『オラクル船団は宇宙で旅をしており、発見した惑星にアークスを派遣して、現地と交流を行なっている』という設定から、『ニューマンとキャストは他の惑星から移住してきた』という可能性です。

 たとえば、ある惑星に人類に、相当する知的生命体いたとして、星の環境がそこに住む知的生命体にとって快適であるとは限りません。もともと過酷であったり、何らかの事情で住みにくい環境になった星に住む知的生命体が、巨大宇宙船という環境を快適に保持された住処があったら、そこに住みたいと考えるものが出てもおかしくありません。

 それに、アークスはダーカーと戦う都合上、フォトンに対する適応力が高い知的生命体と出会ったなら、スカウトするという事も十分に考えられます。

 ですから、ニューマンもキャストもそんな風に移住してきたのかもしれないと、私は考えているのです。

 また、ネットゲーム的観点から見ると、オラクル船団が旅の途中で出会った知的生命体が移住してくるという形ならば、世界観的に新しい種族を実装しても違和感はないと思います。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
[PR]
by ginseiseki | 2012-10-29 21:23 | PSO2世界間考察
d0059341_23285163.jpg


 プレイヤーキャラクターが所属しているという設定のアークス。このアークスというのはゲーム中の描写を見ると、構成員の統率があまり無いように見受けられます。

 例えばクライアント・オーダーは、依頼人がアークス依頼し、アークスが依頼内容に適した能力を持つ者に仕事を割り振るというわけではなく、直接プレイヤー自身に依頼してきます。

 それ以外にも、個人的な理由や事情で行動しているNPCもいましたし、そもそも「組織」であるはずなら必ずいるはずの管理職に携わっている人物が全く登場していません。

 もしかすると、アークスは調査やダーカーの討伐などは、個人の判断に任せている面が非常に大きいのかもしれません。ゲーム中のアークスクエストは、組織から命令されたものっぽいですが、そういうものは意外と少なく、組織からの命令がない場合は、自由に行動して良いとしているのでしょう。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
[PR]
by ginseiseki | 2012-10-08 23:53 | PSO2世界間考察
d0059341_19195928.jpg

 私の所属しているチームがチームルームを獲得したので、早速見てきたところ、奥の窓から推進装置らしきものが見えました。

 窓から見える範囲から判断するに、宇宙船の最後部に、このチームルームがあるとわかります。

 ただ、アークスシップではなさそうです。窓から見える範囲は限られていますが、どこを見てアークスシップの船体が見えません。

 もしかしたら、PSO2の世界において、チームは専用の宇宙船を所持しており、チームルームはそこのブリーフィングルームか何かである可能性があるのかもしれません。
[PR]
by ginseiseki | 2012-10-07 19:41 | PSO2世界間考察
ブログトップ