銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

<   2012年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

d0059341_23362387.jpg

 PSUではキャラクター自身のレベルとタイプのレベルにわかれていましたが、PSO2ではキャラのレベルはなく、タイプのレベルのみとなっています。

 これが単なるゲームデザインの違いではなく、世界観設定の違いだとしたならば、どういう意味なのでしょうか?

 アークスというのは生まれつきフォトンを扱う能力が高い人で構成されています。この、「フォトンを扱う」というのはゲーム中でテクニックを使う時くらいしか、目に見えてわかりやすい表現はありません。

 しかし、NPCからの話から察するに、フォトンを使うと戦闘力全般が向上するようです。また、オープニングムービーを見ても、アークスは普通の人よりもずっと身体能力が高い描写がされています。

 レベルが上がるごとにもらえるスキルポイントでプレイヤーは様々なスキルを獲得していますが、このスキル自体がフォトンによる恩恵と話すNPCがいます。さらにはレベルが上がるごとに少しずつ修得するのは、全てのスキルを一度に身につけると、体に負担がかかりすぎてしますという設定です。

 「タイプを自由に変えられるのはプレイヤーの分身であるアークスの世代から」という設定もあるので、タイプというのは科学的な技術によるものでしょう。

 例えば、フォトンによって身体能力を強化する装置があり、ぞれぞれのタイプに用意された強化装置を身につけると、そのタイプとしての力を発揮できるとします。そして、そのタイプを使い続けると、アークス自身もフォトンの扱いに慣れてきて、より効率的に能力を強化でき、スキルの許容量が増えるのでしょう。

 なので、PSO2におけるレベルとは、キャラクター自身が本来持っている戦闘力の強さではなく、各タイプごとに設定された、フォトンによる身体強化に対する熟練度なのではないでしょうか。

 そなれば、キャラ自身のレベルがなく、各タイプ毎にレベルが設定されているというのも納得できます。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
[PR]
by ginseiseki | 2012-09-19 00:00 | PSO2世界間考察
 機械生命体であるキャストは、おそらくは生身の種族と比べて非常に長生きであるのはたしかでしょう。PSUでは250歳以上のキャストが登場していました。

 人間の数倍は長生きするキャスト。彼らはどんな感覚で年をとっていくのでしょうか。人間よりもはるかに長生きする種族が登場する場合、100歳200歳であっても精神面は普通の人間の10代20代であると描写されることがあります。

d0059341_20355433.jpg


 画像に映っているのは、三枚目のマターボードを進める途中で出会うジグというキャストです。彼は自分の年齢を75歳だと明かしています。そして、その言動は生身の75歳と同じです。どうやら、PSO2のキャストの精神は生身の人間と同じペースで老化していくようです。

 単に描写されていないだけで、PSO2のキャストの稼働限界年月は生身の人間の寿命と同じとも考えられますが、私個人としては『生身の人間と共同生活しているから、それに合わせて自然に精神が加齢されていく』と考えたいです。

 
d0059341_2184987.jpg


 ジグはかつては高名な刀匠であり、それを聞きつけたレダは自分専用の武器を作ってもらうよう頼みますが、門前払いされます。この時、レダは「おっちゃん」と明らかにジグのことを年をとった人間と認識しています。

 キャストはオラクル船団内において『人間』として扱われています。それは単に法的に人権が保証されている程度ではなく、もっと感覚的なレベルにおいて人間として社会的に認知されているのでしょう。

 寿命とは関係なくに、20歳なら成人を迎えたばかりの若者として、70歳なら老人としてキャストは扱われているのでしょう。そうすることで、キャスト自身の方も自分の寿命とは関係なくに、精神年齢を生身の人間に合わせているのではないでしょうか。

 人格というのは、他人からどういう態度でコミュニケーションされてきたかで決まると、私は考えています。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
[PR]
by ginseiseki | 2012-09-15 21:17 | PSO2世界間考察
d0059341_17275977.jpg

 アークスの武器はフォトンを使っているという設定です。

 多くの打撃武器は上の画像のように、刀身部分が鮮やかな色をしており、おそらくはこの部分にフォトンが使われているのでしょう。

 フォトンを使っている部分が、スターウォーズのライトセーバーやガンダムのビームサーベルとは異なり、PSO2の打撃武器は刃の部分が直線的な形をしているので、硬質的なイメージを受けます。

 前作PSUでは、『打撃武器の刀身に使う』と説明文に明記された鉱物アイテムがあったので、実体のある刃にフォトンを伝導させていたと解釈することが可能でしたが、武器作成システムのないPSO2ではどうなっているのか解釈するための材料が少ないです。

d0059341_17383475.jpg


 それに加えて、ガンスラッシュでは銃モードの時は、画像のように水色の刀身部分が引っ込んだ状態となっています。ガンスラッシュ全体のフォルムを見れば、刃部分を格納するだけのスペースはありません。銃モードの際は刀身が消滅していると考えられます。

 ガンダムのビームサーベルははIフィールドという力場によって、ビームエネルギーが剣の形に整えられているという設定ですが、PSO2ではこの見た目からさっするに、フォトンを刃の形に固形化しているように思えます。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
[PR]
by ginseiseki | 2012-09-13 17:54 | PSO2世界間考察
ブログトップ