銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

<   2012年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

d0059341_12234177.jpg

 上の画像の球状の物体がマザーシップであり、周辺にある宇宙船が住民が住んでいる船です。明らかに他の船とは異なり、なにか特別な機能があると思わせる姿をしています。

 しかし、今のところプレイヤーはマザーシップへ行く事はできず、NPCたちも特に話題には出して来ません。オラクルは宇宙を旅する船団という設定ですが、特に別の星へ移民しようとする様子はなく、純粋に宇宙を隅々まで調査していくというスタンスで行動しています。

 年号から察するに、オラクルは238年も宇宙を旅しています。それだけの年月を旅していけるだけの目的がマザーシップにはあるのかもしれません。
[PR]
by ginseiseki | 2012-08-26 13:05 | PSO2世界間考察
 まるまる半年もこのブロクを放置してしまいましたが、メインで遊ぶと決めていたファンタシースターオンラインの正規サービスが始まって、それの世界間考察を中心に、不定期ながらもまたブログを進めていきたいと思います。

 さて、今回のテーマは種族比率です。おそらく、プレイヤーが使用しているという意味では、ニューマン女あたりがトップでしょうが、では世界感的にはどうでしょうか?

 PSO2ではクエスト中のシングルパーティーエリアにて、NPCとの会話シーンを見ることができ、そこからこのゲームの世界観の一端を見ることができます。

 その中で、アークスについての情報を見ると、まずアークスになるにはフォトンを制御する才能があることが前提条件となっています。宿敵であるダーカーの侵食から身を守り、有効な攻撃を与えることができるのはフォトンのお陰でありると語るNPCがいます。さらには、「HPアップ」や「打撃アップ」などのクラススキルも、世界観としてはフォトンによって身体能力を向上させているという設定です。

 ロックベアやヴォルドラゴンのような、現実なら生身で戦うのは無謀とも言える相手を倒せるのも、フォトンによって超人的な能力を得ているからなのかもしれませんね。

 さて、アークスの必要条件はフォトン制御能力ということですが、このことから私はキャストが意外とアークスを占める比率が高いのではないかと考えています。

 その理由はキャストが機械生命体であることです。他の種族は生身の人間であるために、アークスに必要なフォトン制御能力を必ず持って生まれるとは限りません。しかし、キャストならば、その能力を確実に持たせることができます。

 もちろん、機械の体ですからフォトン制御能力は生身の人間よりは劣るでしょう。それはゲーム内のステータスを見ても明らかです。しかし、劣ると入ってもアークスになっている以上、求められる水準は満たしているでしょうし、機械の体なのですからフォトンとは関係ない、本来の戦闘力は非常に高いでしょう。

 登場するNPCアークスは圧倒的に生身の種族が多いですが、単にプレイヤーの操作するキャラが出会ってた人達がそうであっただけかもしれません。加えて、ストーリークエストの冒頭で、アークスの最高責任者らしき人はキャストでした。実際はキャストのほうが多いかもしれません。
[PR]
by ginseiseki | 2012-08-19 18:39 | PSO2世界間考察
ブログトップ