銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 ファンタシースターポータブル2をプレイして、一番初めに出会う登場人物がバスクというキャストです。第一印象ではベテランの傭兵である彼ですが、リトルウィングでは常にエミリアのことを気にかけており、物語後半では元教師であることが明らかになります。

 バスクの過去はチェルシーと同じく、なぜ元の職業をやめたのか詳細な描写がありません。チェルシーは軍人からホステス。バスクは教師から傭兵と、転職先が元の職業とかけ離れているという点も同様です。

 未成年を非常に大事に思う言動から察するに、バスクの物事の考え方は教師時代と大きく変わっていません。
そうなると、なぜ転職したのかなかなか理由が思いつきません。

 となると、バスクが自ら進んで傭兵になったのではなく、傭兵にならざる得なかった理由があった可能性も出てきました。生徒を守るためにある違反行為をしてしまい、教員免許を永久剥奪されたというストーリーは、バスクの劇中での言動を見ればそうありえないことではないと思うのです。
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-29 22:04 | PSU考察
 今回、若干ではありますがカップリング要素が含まれていますので、苦手の方はご注意を。なお、このカップリング要素に私のオリジナルキャラクターは関わっていません。

本編を読む
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-26 21:55 | 二次創作小説
 私が東方をプレイし始めたのは地霊殿からですが、未だにエクストラステージに到達できません。ノーマルでは大体3ステージあたりから先に進めなくなります。

本編を読む
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-25 13:07 | 二次創作小説
 今回は少々変化球な考察です。

 ファンタシースターオンライン2にてキャストのホステスとして登場したチェルシーですが、ゲーム終盤で彼女は元同盟軍兵士であることが判明しました。さらにはゲームクリアー後に受諾できるサイドストーリー『英雄たちの輪舞曲』にて、彼女はカーツの元教官であり、非常に厳しい軍人であったことが分かります。

 劇中の描写を見る限り、多くのキャストは生まれた時点で従事する職業が決まっているようなので、チェルシーも同盟軍人として生まれた可能性が高いです。

 教官という地位をもちり、「硝煙女帝」と呼ばれるほどの実績を持っているのですから、軍人という仕事は本気で取り組んでいたのでしょう。そんな彼女が軍をやめて第二の人生に水商売を選んだのですから、彼女がそうするほどの出来事があったと思われます。

 しかし、その出来事というのがなかなか予想できません。同盟軍からリトルウィングに来るあいだに水商売という経歴がなかったらすんなりと説明はつくのです。ウルスラやクラウチがいるからがいるから傭兵になったと実に納得できます。

 軍隊と水商売は全くと言っていいほど接点がありません。もしかしたら、それこそが理由なのでしょうか。チェルシーは軍を嫌悪するような出来事を経験して、とにかく軍と縁のない仕事を選んだ結果水商売に従事し、それが思いのほか性にあって続けていたとか。
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-22 20:52 | PSU考察
 今日は私の誕生日なので、せっかくだからルームグッズのバースデーロウクを並べました。
d0059341_2215231.jpg

 しかし25歳になると自分の誕生日に対して何の感慨も湧いてこないですね。もう誰かから誕生日プレゼントをもらうような歳ではないので、そういったワクワク感も無いですから。

 それにしても魔法使いまであと5年ですか・・・・・・
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-21 22:16 | PSU
 パートナーマシナリーはガーディアンズの生活をサポートするという設定です。
d0059341_2154555.jpg

銀「マイルームで日常の世話をしてくれるとか、これって間接的にとは言え俺の嫁と同様だろ。というわけで、お前の名前は今日から『俺の嫁』な」
PM「oi misu ミス、おい、なにとんでもない名前つけてんだ、おい、無視すんな、紀伊店のか、おい」
銀「見事なネーミングセンスだと関心はするがどこもおかしくないな」
PM「ポンコツキャストが私になめた名前をつけたことで、私の怒りは有頂天になった。この怒りはしばらくおさまる事を知らない。SUVウェポンでテーレッテーされたくなかったら、早く名前を戻すべき。死にたくないならそうすべき」
銀「すいまえんでした;;(プリケツ土下座)」

 一人暮らしのガーディアンにとっては非常にありがたいPMですが、結婚して家庭を持っている人はどうなのでしょうか? 支給品のようですから不要ならば組織に返還するか、あるいはそのまま置いておくのか。後者の場合は、例えば妻子をもつレオはPMに子守をさせているかもしれませんね。
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-17 22:12 | PSU
 ブログのネタになるかと思って、PSUのゆっくり実況動画を作ってみました。

 しかしこれ、思った以上に大変ですね。自分で作ってみて初めて理解できる制作者の苦労。僅か14分ほどの動画だというのに一週間以上もかかってしまいました。一日中製作に専念できないとは言え、たぶん7,8時間はかかっています。

 これを何十本も作って、なおかつ全てがランキングの上位に載るような方は尊敬の念を抱かざる得ません。
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-15 13:58 | ゆっくり実況プレイ
 PSUシリーズは割とコラボレーションが多いです。元々SEGAというゲームメーカーの中でも有名な部署が制作しているゲームですから、ソニックチームというブランドを印象づけたいのかもしれません。

PSU内のコラボレーション
ソニック・ザ・ヘッジホッグシリーズ(武器・ルームグッズ)
ナイツ(ルームグッズ)
甲虫王者ムシキング(ルームグッズ)
ぷよぷよ(ユニット)
PSO(武器・アイテム)
PSZ(武器)
PSPo1(武器)
PSPo2(武器・服・パーツ)

 PSUでのコラボレーションは同じメーカー・同じシリーズという理由があるのでごく自然な組み合わせですが、非常に意外なのがPSPo2でのコラボレーションです。

初音ミク(武器・服・パーツ)
Fate/stay night(武器・服・パーツ)
ヱヴァンゲリオン新劇場版(武器・服・パーツ)
お茶犬(武器・ルームグッズ)
パ、パンだ!(ルームグッズ)
PSZ(ルームグッズ)
ぷよぷよ(武器)
戦場のヴァルキュリア(武器・服・パーツ・ルームグッズ)
まいにちいっしょ(ミッション・NPC)
ジャンプ(ジャンプ作家が武器とコスチュームをデザイン)
ファンタ(ミッション・ルームグッズ)
ピザハット(武器・服・パーツ・ルームグッズ)
式神の城(NPC)
ファミ通(武器)
電撃プレイステーション(武器)

 改めて列挙してみると、PSPo2のコラボレーションはよくこれだけの協力を取り付けることが出来たと思います。ただ、他社のキャラクターやゲームとコラボレーションする割には、SEGA内でのコラボレーションは意外にも少ないですね。

 個人的にはベヨネッタの武器とかをPSUで出して欲しいですね。トンファー型のロケットランチャーとかむちゃくちゃな武器もありますが、そのままPSUに登場させることが出来る武器も多いです。ほかにもバーチャロイドのコスチュームとか、バーチャガン型のハンドガンとか地味に欲しいです。
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-12 22:51 | PSU
 本日は七月七日で、七夕の日です。子供の頃は織姫と彦星の境遇に同情したものですが、恋人という存在がフィクションとなってしまった現在では、仕事ほったらかしてイチャイチャした結果、離れ離れになった二人に対しては、「リア充ざまぁwwwww」としか思えなくなってしまいました。

 さて、翌日に行われる予定のサーバーメンテナンスで、大型イベントとともに星霊祭ロビーが実装されます。

 星霊祭はおそらくグラール教団の行事であるのでしょうが、ふと気がついてみるとエネルギーを信仰するというのは、いったいどのような感覚なのでしょうね。

 フォトンはPSUの世界では普遍的に存在しているようですから、生物・無機物を問わないすべてのものに霊魂が宿っているとするアミニズムに近い感覚かもしれません。グラールで動力を必要とするあらゆる道具や機械はフォトンを使用していますから、グラール教団はアミニズムの概念を機械にまで拡大解釈しているとも考えられそうです。

 公式サイトの説明文では、グラール教団については『星霊を日々敬い、感謝する事を教義としている』と書かれているので、教団の信者は日常生活でフォトンを使う道具たいして感謝を忘れないようにしているのかもしれません。あるいは、ニューデイズではフォトンリアクターを内蔵した道具・機械を捨てる際には、なにか儀式を行うと法令で定められている可能性も十分ありえます。
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-07 19:09 | PSU考察
 ここ最近は非常にブログネタに枯渇しているため、PSUのゆっくり実況動画でもつくろうと思いついたのです。ちなみに、ゆっくり実況動画である理由は私の滑舌が致命的に悪いから。日常生活ではそう問題ではないのですが、コンテンツとして他人に聞かせるレベルじゃありません。

 編集方法とか動画変換や圧縮、アップロード方法などの細かい作業内容はともかく、とりあえず大元となる動画の録画からスタートしたのですが、まず第一歩から大難航。録画に使用するソフトの使い方は必要最低限覚えましたが、いざ録画してみると思ったように録画できなかったり、出来たとしてもなぜか音が無かったり。

 まあ、グーグル先生に教わりつつ、少しずつ覚えようと思います。
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-04 10:50 | PSU
ブログトップ