銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 SEEDは多の生物を浸食する特性があるという設定で、劇中では炎浸食と氷浸食が登場します。また、ステージが浸食されるのは炎と氷のみですが、モンスターの属性が変化しているパターンは闇属性以外は全てあります。もしかしたら劇中には登場しないだけで、雷浸食や土浸食のSEEDコアがあるのかもしれませんね。

 描写を見る限りでは、生物や土地の属性を浸食によって変化させていると受け取れます。ここでは生物の体内や土地に含まれているフォトンの属性を変化させていると仮定しましょう。

 しかし、この仮定で気になるのはなぜすぐさま闇属性に変化させないと言う事です。炎浸食されたヴァーラを例に考えると雷から炎へ、そして闇属性のSEEDフォームへと変化する事になります。雷からすぐに闇へとフォトン属性を変化させれば、楽に原生生物をSEEDかさせられると思うのですが。

 もしかしたら、一度本来の属性とは別の属性にねじ曲げなければ、SEEDフォームに変化させられないのかもしれません。そうなると人類がSEEDに浸食されないと言うのも、旧文明人が体内のフォトンを一色に偏らせないように現人類を生み出したのかもしれません。属性ありの人類型モンスターが登場していますが、ここではそれはシールドラインを装備しているからであると解釈します。
[PR]
by ginseiseki | 2010-03-28 19:28 | PSU考察
 ペロリーメイトの説明文に「キャストが好む」ということが書かれている事から、私はキャストは生身の人間と同じように食事をする事が可能である(つまりドラえもんと同じ)と解釈しています。

 人間が1日に必要とする適正摂取カロリーは身長と体重および1日の運動量によって変化しますが、ここでは身長170センチ、体重64キロ。運動量は1日のうち1時間程度の重労働とします。

 上で設定した数値を基準にすると、1日の適正摂取カロリーは1920〜2240キロカロリーとなります。これはコンビニのおにぎり(具材は無く白米のみの場合)で例えると約12個ほどの量です。ただ、キャストの胃袋が摂取したものを100%エネルギー化出来るのならば、もっと少なくていいかもしれません

 しかし、グラールで一般的なエネルギー機関であるフォトン・リアクターは「空間中に存在するフォトンを取り込む」という永久機関のような設定なので、あまりキャストには食事の必要性を感じない部分もあります。だから、私は「寝たきり状態ならばフォトンリアクターのみで十分だが、活発的に動く際には食事と言う形で追加エネルギーが必要」とします。

 ですが、この解釈には一つ問題があります。それはキャスト以外のマシナリーです。ボーマルタやバイシャといったマシナリーは、明らかにフォトンリアクターのみで活発的に稼働しています。これらは戦闘中のみに動けば良いので、常時動いているキャストとくらべて消費エネルギー量が少ないと解釈する事も出来ますが、それだけでは今イチ説得力が薄いです。

 ここでフォトンリアクターの「出力が不安定」という欠点に注目してみましょう。この欠点は無人兵器として使うにはそれではあまりに実用性が低すぎます。ですから、マシナリーは出力の不安定さを補うために別途蓄積したフォトンエネルギー(PP回復アイテムのフォトンチャージャーのような)を使っているのかもしれません。キャストの場合はこれが食事にあたるというわけです。

 ここまで書きましたが、いまいちこれだと断言できるほどの自信はありません。現在の私の発想力では、その他諸々の矛盾点はキャストが人間らしく振る舞うために食事をしていると、不誠実に切り捨てるしかありません。
[PR]
by ginseiseki | 2010-03-21 15:41 | PSU考察
 フリーコースが実装され、GコロニーのGBRが開催されるに合わせて、久しぶりに新しいミッションが登場しましたが、私はと言うと名古屋の豊橋に出張中であるため、まったくログインできていません。

 正直な所、PSPo2のシステムが完全に移植されなければ、今の運営版PSUが真の意味で盛り返す事は無いでしょうが、それでも多少は面白さがあがっています。早く、出張が終って新しいグラールを体験したい者です。
[PR]
by ginseiseki | 2010-03-20 15:01 | PSU
 今日はホワイトデーですね。私には全く縁もゆかりもない行事ですが。私には全く縁もゆかりもない行事ですが。

 ホワイトデーはバレンタインデーのお礼として、男が女性に贈り物をする日だと日本では認識されています。しかし、去年あたりからはバレンタインデーに男から女性にチョコを贈呈する、いわゆる「逆チョコ」という風習が現れ始めました。

 『ホワイトデーはバレンタインデーのお礼をする日である』という定義に乗っとるのならば、逆チョコをうけた女性もまた、ホワイトデーに男へささやかなお礼をする日なのでしょう。しかし、『ホワイトデーは男が女に贈り物をする日であって、たとえバレンタインに逆チョコを行ったとしても、男は女に贈り物をするべきである』と解釈している女性は少なくないでしょうね。悲しいことながら。

 え? 「女に貢物をするのは男の義務だ」ですって?

d0059341_958301.jpg

d0059341_9584581.jpg

d0059341_9585441.jpg
d0059341_959281.jpg

[PR]
by ginseiseki | 2010-03-14 10:00 | PSU
d0059341_21414245.jpg

 ここ最近は、ラプチャーという海底都市で幼女を守る仕事が忙しかったので、PSUには全くログイン出来ていませんが、それでもデイリーチケットだけ貰っています。

 チケットを貯める目標はヘアスタイルチケットが目当て。運営版の鳩美をPSPo2と同じ姿にしたいのです。現在は40ポイント。まだまだ先は遠いですが、コツコツと貯めるしかないですね。

 でも、実は15日から31日まで私は名古屋の豊橋で出張なんですよね・・・
[PR]
by ginseiseki | 2010-03-11 21:47 | PSU
 SFなどでは、たとえば地球から月へ行くのに「ちょっとそこまで」の感覚で移動しますが、実際は最も近い天体である月に行くにもかなりの長時間をかけなければ到達出きないのが、現代の宇宙旅行の現実です。

 去年の五月に書いた考察記事、『ベクタートラックの速度』にて、私は劇中の移動の手軽さから、惑星間の移動は一時間前後ではないかと考えました。それは、割と当てずっぽうだったのですが、PSPo2のストーリーモードをクリアーすることで受諾出来るサイドストーリーミッション「英雄たちの輪舞曲」での描写を見る限り、あながち間違っていないのかもしれません。

 このミッションの内容は、マガハラ突入の準備をしている六時間の間に、AndYouとチェルシーが、イーサンやカレンの協力を得ながら、三つの惑星で作戦を行うというストーリーです。

 クラッド6→パルム→モトゥブ→ニューデイズ→クラッド6(帰還)

 上記のがAndYouたちの行動です。このミッションはクリアータイムが30分以内だとSランクなので、AndYou達が各惑星で戦っていた時間も30分と仮定します。すると移動使えるのは5時間30分。移動は4回ですから、平均1時間20分ほどで惑星間航行を行っていた事になります。

 それにしてもこんなヘビーワークの直後に、AndYouはカムハーンと戦っていたのですか・・・・・・よく体力が持ったと思います。
[PR]
by ginseiseki | 2010-03-08 23:20 | PSU考察
d0059341_11521475.jpg

 先日のアップデートでデイリースタンプと交換する景品が登場しました。その中でGCガチャンと同様なくじ景品があります。

 セイクリッドダスターやザンゲ、ヤシャなどのレア装備からハズレ商品でも地味に欲しくなる景品があったりと、いろいろバラエティーがありますね。悪魔の刃や悪魔の炎といったアイテムを入れるくらいなら悪魔の心も入れてくださいよ

 アップデート2ndにてフリーコースではマイルームが使用出来ないことが、ネガティブキャンペーンの的にされていますが、GCやデイリースタンプ景品で一時的にマイルームが使える仕様になって欲しいものですね。最低でも『マイルーム一日使用チケット』がGCで購入出来るようにするべきでしょう。それがないというのならば、あまり良い運営とはいえないかもしれません。まあ、「ここの運営は最高」とプレイヤーから賞賛されるネットゲームは未だかつて見たこともないので、何やっても非難されるのでしょうが。
[PR]
by ginseiseki | 2010-03-07 12:06 | PSU
 去年の夏辺りから、私の所属しているネットゲームコミュニティー『サイバトロン軍団』の運営フォーラムで連載しているPSUとPSOの二次創作クロスオーバー小説でしたが、この度ついに完結編を出すことが出きました。約7ヶ月もの間私の素人小説を楽しみにして頂いた読者の皆様、誠にありがとうございます。


 SideYouCrossOver 第4部 完結編  前編  後編


 なお、掲載している場所はネットゲームコミュニティーであるサイバトロン軍団の運営フォーラムです。メンバーでない方の感想はこの記事のコメントに記入してください。
[PR]
by ginseiseki | 2010-03-02 00:05 | 二次創作小説
ブログトップ