銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

d0059341_20463128.jpg

 昨日の夜にPSUへとログインしたら、ちょうどハロウィンGIRLSのアイさんとモカさんの両名に遭遇しました。ハロウィンイベントの企画で、Gコロニーの中継ターミナルにてファッション撮影会を行なうとの事でした。ゲームマスターによるイベントに今まで参加したことない私はすぐに現地へと向かいました。
d0059341_20483082.jpg

 が、ピジョンブラッドは中継ターミナルにいったことがなかったのでタクシーが使えなかったのです。銀星石で行けばよかったのですが、こういった催し物に男キャラで行ってもしょうがないのです。
d0059341_2051175.jpg

 それで連絡通路突破をCランクで速攻クリアーし、運よく撮影会に参加することが出来ました。GMの方はさすがに仕事でプレイしているだけとあって、タイピングが早いのに誤字やタイプミスがほとんどなかったですね。私とはえらい違いです。
[PR]
by ginseiseki | 2009-10-31 20:52 | PSU
 一見、なんの接点もないように思えるドラえもんとキャストですが、よくよく考えてみると両者はじつに共通した部分を持っています。

共通点その1.食事を取るロボット
 ドラえもんはドラ焼きが大好物であり、劇中でも食事を取っているシーンは多く見受けられます。一方キャストのほうも、食事シーンこそありませんが、キャストが好むという設定をもつペロリーメイトという食品が存在しています。

共通点その2.感情がある
 野比のび太とドラえもんの間には明確な友情があると劇中で描写されています。キャストのほうもEP1のNPCで結婚を考えているキャストがいましたし、PSPoのノルフェも母性愛らしき感情を見せていました。ネーブにいたってはスケベ心すら持ち合わせています。

共通点その3.不思議なポッケを持っている
 ドラえもんはどんなものも収納することが出来る四次元ポケットを持ち、キャストは(グラールの住民が普遍的に持っていますが)ナノトランサーがあります。違うとすれば秘密道具の有無くらいです。「サンズヒケン~」(CV大山のぶ代)と武器を出すキャストをイメージすると非常にシュールですね。

 このようにドラえもんとキャストにはいくつかの共通点があります。ドラえもんは人間の友人として、キャストは人類の一種族として存在しているわけですが、どちらも無感情・無表情という等身大人型ロボットのステレオタイプとは異なるキャラクター性を持っています。両者は限りなく生身の人間と同様の生活を送っているわけですから、人型ロボットに感情が宿るというのは生身の人間と共同生活を送るということがポイントなのかもしれません。
[PR]
by ginseiseki | 2009-10-30 19:36 | PSU考察
d0059341_0294511.jpg

 1stキャラの銀星石の今はこんな感じです。ジャストカウンター狙いで取得したクイックリアクト以外は、とりえあえず取得枠を埋めただけ。新しく実装されるものでよいものがあればすぐにそちらへと乗り換えますね。

 アクロファイターのタイプカスタマイズは見ての通り最大限取得しているので、取得上限が引き上げられるか、既存のものを消してまで覚えたい新しいの出ない限り、もうこれ以上カスタマイズする必要がないですね。

 実装当初はPAスキル上限開放以外、あまり恩恵を実感できなかったこのシステムですが、新しいのがいくつか実装されるようになってからだいぶ変わりましたね。特にジャストカウンターダメージ+Lv2なんてジャストカウンターのダメージを20%ほど上げてくれるので、けっこう重宝しています。

 3周年のサンクスフェスタのお陰でだいぶ経験値を稼ぐことが出来ましたけど、それでもここまで来るのはけっこう大変でした。せっかくフル改造したのですから、がんばった自分へご褒美(笑)的なおまけが欲しいところですね、運動性のアップとか地形適応オールSとか(違
[PR]
by ginseiseki | 2009-10-28 00:43 | PSU
d0059341_1305467.jpg

 特定の条件を満たしてようやく出現する、たった二個のアイテムボックスからドロップするラヴィス=カノン。PSOにおいてはEP4が実装されるまでは最強のセイバーであったため、元PSOプレイヤーにとっては非常に欲しい一品でもあります。当然ならが希少価値は半端なものではなく、使用しているプレイヤーを見るのはファイナルインパクトよりも少なく、上のスクリーンショットのように個人ショップにも並んでいません。

 でもやっぱり欲しいですよね。バレンタインやクリスマスのたびに嫉妬心丸出しのブログ記事を書くような男が、闇属性のラヴィス=カノンを持てば頭がおかしくなって死にますが、正しき心を持つ、白銀の鉄の塊で出来たアクロファイターであるこの私が持てば、グラットンソードをもったブロントさんのごとく活躍できるのは確定的明らか。特に攻撃速度の速いアクロファイターがセイバーを使えば、『シェイシェイハ!!シェイハッ!!シェシェイ!!ハァーッシェイ!!』と理想のテンポで敵を殲滅できます。
[PR]
by ginseiseki | 2009-10-25 13:10 | PSU
 普通のRPGにおいてレベルの概念を現実主義的に語るのは野暮でしかないのですが、ことPSUの世界観ではレベルの概念を語ることが可能であると私は考えています。

 注目は「フォトンは人の精神エネルギーに感応し、同じリアクターでも初心者と熟練者で出力が異なる」という設定。この初心者と熟練者というのがポイントで、PSUの世界観におけるレベルとは「武器や防具のフォトンリアクターの出力をどれだけ上げられるか」という度合いの目安ではないかと私は考えています。

 無論、武器にも防具にもステータスが設定されていますが、あれはどんな人間が使っても最低限発揮される性能と解釈します。

 そう考えればキャストがレベルアップできるのも納得できます。PSUにおける攻撃力や防御力は筋力や肉体の強度を示す数値ではなく、装備が本来持っている性能に上乗せできる数値なのです。
[PR]
by ginseiseki | 2009-10-20 16:39 | PSU考察
d0059341_8584986.jpg

 『守護者達の軌跡ζ』でボルオプトの代役であるアダーナ・デガーナを倒したときにふと思ったのですが。よくよく考えると、この状況って戦車を6人以下の歩兵が倒したのと変わらないのですよね。現実世界でも対物ライフルや対戦車ミサイルなど生身の人間が戦車を倒せる武器はありますが、ガーディアンズは隠れる場所も無しの真っ向勝負で撃破しています。

 だから、こんな会話があってもおかしくないのかもしれません

グラール教団の偉い人(以下、グ)「あ~、おたくんとこのアダーナ・デガーナね。アレもう買わないから」
ヨウメイの人(以下、ヨ)「え! な、なぜですか!? わが社の商品は実用に耐えうる十分な性能を持っていますよ!」
グ「何が実用に耐えうる十分な性能だボケ! この間うちのうっかり親父がアダーナ・デガーナ使ってガーディアンズのイーサンとかいう若造とガチで戦ったんだよ」
ヨ「そ、それならばアダーナ・デガーナの圧勝でしたでしょう?」
グ「ふざけんなよ! ボロ負けだったんだよ! どこの世界に生身の人間にフルボッコされる兵器があるんだよ馬鹿!! もうバラッバラに粉砕☆玉砕☆大喝采だよ!」
ヨ「そ、それはそのイーサンという者が範O勇次郎みたいに人間離れした力を持っていたからでは・・・」
グ「あーそうだよ! 俺もはじめはそう思ったよ。でも他のガーディアンズにもボロ負けしたんだよ。酷い時はタイマンで惨敗だよ!! ベテランはもちろんのこと、あれこれって法律違反じゃね? って思うような幼女にも完敗したんだよ!!! その後は主砲むしりとられて武器の素材にされたよ!!」

 たぶんこれと似たような会話が、マガス・マッガーナをめぐってGRMと同盟軍の間で交わされているでしょう(笑)あるいはガーディアンズ全員が本当に生身で兵器を倒せるくらいの力を持っているとか。
[PR]
by ginseiseki | 2009-10-19 09:30 | PSU

 動画デビューといっても私にはこういった動画編集能力が皆無なので、人様の撮った動画にモブ役で映っています。私がどこで映っているかお分かりでしょうか? ニコニコ動画という限定されたメディアですが、自分の使用キャラクターが映っているのを見ると、なんだか自分がテレビに映っているような気分になります。

 ちなみにこの動画で告知しているイベントにはもちろん参加します。PSUの過疎化に伴い、私の所属しているチームがネットゲーム全般で活動するようになって、こういったイベントはすっかりご無沙汰になってしまいましたから。
[PR]
by ginseiseki | 2009-10-18 10:43 | PSU
d0059341_14283590.jpg

 『PSUっと刺さったログ Code:Illuminus』の管理人であるネメシスさん主催の撮影会に参加してきました。撮影会の内容はイベント告知のためのCM撮影。
d0059341_1431995.jpg

 ネメシスさんのフレンドの方々と混じって楽しく撮影に参加できました。サイバのイベントでもそうですが、こういった催しものでのプレイヤーのノリのよさはPSU独特の雰囲気なのかもしれませんね。やはりフキダシによるチャットの楽しさは良いものです。

 和やかな雰囲気のまま撮影は無事終了。動画の完成が楽しみです。
[PR]
by ginseiseki | 2009-10-17 14:35 | PSU
 超絶的にいまさらですが、自分のアカウントの別キャラの部屋に移動できることを知ったので、赤木鳩美のマイルームにおいてある体重計で、私が使用している各キャラの身長と体重を計測してみました。
d0059341_19513389.jpg

d0059341_19514257.jpg

d0059341_19514992.jpg

 私が使用しているキャラはどれも18歳前後を想定してキャラメイクしています。調べてみたところ日本人の平均身長と体重は、18歳男性では身長170.9cmで体重62.4kg、女性は身長157.7cmで体重50.7kgだそうです。

 銀星石とピジョンブラッドはキャストで機械の体だから生身より重いようですね。鳩美の方はというと、この身長での標準体重は58.5キロなのでちょっと痩せている方ですね。
[PR]
by ginseiseki | 2009-10-15 20:14 | PSU
d0059341_20224721.jpg

 私の書いたPSUの虹創作小説SideYouCorssOver PSU編にて、表社会では貞淑な少女でも裏社会では必殺仕事人という設定で登場させたので、エステでボイスをNo12のいわゆる銀様ボイスに変更してみました。う~む、見事なドS娘だと感心するがどこもおかしくありませんな。この鳩美ならドMでも拷問になるような事を平然とやってのけそうです。
[PR]
by ginseiseki | 2009-10-14 20:31 | PSU
ブログトップ