銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 『PSPo2における移民政策の違和感』では、資源枯渇で移民は不自然であるとしましたが、このままでは単なるネガティブ・キャンペーンとなってしまうので、別方向からのアプローチをします。つまり、”どんな資源が枯渇すれば移民せざる得ないか”と言う事です。

1.鉱物資源の枯渇
 第二次封印戦争の戦火によって、グラールの都市は大規模に破壊されたはずです。少なくとも、モトゥブのSEEDウィルスによるバイオテロ、同盟軍の暴走、Gコロニー落下によるローゼノムシティの壊滅とかなりの被害が出ています。そのため、街を復興させるために大量の鉱物や木材といった建築資材が消費されたことがうかがえます。

 しかし、鉱物資源が枯渇したのならば、移民するよりも外宇宙から鉱物資源を含んだ小惑星を持ってくれば良いですし、木材に関しても植物が異常成長しているニューデイズから持ってくれば良いはずです。そもそも、移民したらその先の土地で生活するための住居が必要となり、余計に資源を消費してしまいます。

2.食物資源の枯渇
 SEED災害の一番の問題は生物が凶暴化することですが、おそらくSEEDに侵食された家畜はどんな危険があるか分からないので食べることが出来ないと思います。しかし、それは食物を位置から育てなおせばよいことです。

 SEED汚染によって作物が育つ土地が著しく減少したという可能性も考えられますが、Gコロニーがあるように、グラール太陽系は生命体が活動できる環境を人工的に構築することが出来ます。自然の大地は無理でも、人工環境での農業は不可能とは思えません。

3.人材的資源の枯渇
 SEEDとイルミナスによって相当な死傷者が出てしまったことがうかがえるグラール太陽系ですが、人材が不足しているから移民というのは明らかにおかしい流れです。

4.フォトンエネルギーの枯渇
 一番ありそうな可能性はこれですね。むしろほかに可能性が残っていない。

 AフォトンがSEEDを引き寄せることが判明したことで、Aフォトンは使用することが出来ません。グラール太陽系の現文明がどれほど依存していたかは描写されていませんが、次世代エネルギーと期待されていたものが使用不可となったのは相当の痛手でしょう。

 だから、グラールよりもフォトンが豊富な土地を求めた。これならばEP3の第6章で集めていたキノコの存在をなかったことにすれば、資源枯渇で移民することを説明できると思います。
[PR]
by ginseiseki | 2009-09-29 16:03 | PSU考察
 先日書いたTGS2009でのPSPo2プレイ感想記事で、読者の方とコメントで行なったやり取りを踏まえて、PSPo2における資源枯渇問題を移民によって解決するというストーリーの考察を少しまとめます。

 まず、PSPo2のストーリーがゲーム雑誌などで明らかにされた際、EP3から3年後のグラールでは資源枯渇問題が深刻になり、亜空間航行理論が研究されているとかかれていました。このとき私は、外宇宙から鉱物資源をふんだんに含んだ小惑星などを持ってくるためにワープ技術が研究されていると考えていました。

 しかし、東京ゲームショウで公開されたPVでは、「外宇宙へ移民する」とナレーションされていました。

 別の惑星に移民するという流れは、PSOと同じような展開に思えます。しかし、PSOのコーラルは戦争があったという共通点はあるものの、環境汚染と資源枯渇という異なる点があります。しかし、私の中では資源枯渇の解決方法が移民と言う事に対して、素直に受け入れることが出来ないのです。普通、移民は住んでいた土地が住めなくなった、人口が増えすぎた、といった理由から来るものです。資源を求めて別の土地へ何億人もの住民を移動させるくらいなら、資源を調達してくるほうがずっと低コストだと思うのです。
[PR]
by ginseiseki | 2009-09-29 15:43 | PSU考察
 東京ゲームショウに行ってきて、ファンタシースターポータブル2を体験してきました。今回、私が体験したのは新しく追加されたバトルミッションです。バトルミッションは中継地点を占拠したり、対戦相手を倒したりすることでポイントを獲得し、その多さを競い合うルールでした。他の参加者と共に、プレイしたのですが残念ながら結果は敗北。製品版が出たら腕を磨いて勝ちたいところですね。

 また、プロモムービーなどからいろいろな情報が分かってきました。まずはPSOからのエネミーが多く再登場していますね。これまで公開された情報をまとめると、登場することが分かっているエネミーは、既にいるブーマやラッピーをのぞいて、サベージウルフ、エビルシャーク、パルシャーク、アスターク、ドラゴンが登場することが判明しています。アスタークに関しては、バトルミッションをプレイ中に乱入してきました。

 さらにはストーリーの一片も知ることが出来ました。EP3から3年後のグラールは資源枯渇問題を解決するために、亜空間航行理論を研究しているという設定ですが、そのためにレリクス文明の技術の研究を行なっているようです。しかし、それには重大な罠が仕掛けられているようで、もしかしたらコールドスリープなどで眠っていたレリクス文明人が敵役として登場するのかもしれません。今までレリクス文明に関しては「Aフォトンで反映していた」「封印装置を作った」程度の情報しかなかったので、ぜひとも深く掘り下げて欲しいものです。

 ただ、どうしても不可解な部分がありました。それは、”資源問題解決のために他の惑星へ移民する”というナレーションです。資源が不足しているから外宇宙から鉱物を多量に含んだ小惑星を持ってくるという話なら分かるのですが、人間が住めなくなるほど重大な環境汚染があったという設定が登場していないのに、惑星移民というのはどうもしっくりこない展開です。

 その上、移民という展開はこれはPSOの設定と絡めているのかもしれませんが、グラールは3惑星+1コロニーにわたって人が住んでいる世界です。こういった世界観でいきなり”他の惑星に移り住む”というのはなんとも現実性のない計画に見えてしまいます。だいたい、戦渦で失われたパルムの自然を復元したという歴史もあるのですから、移民よりも環境回復に勤めたほうが良いような・・・・・・。まぁ、発売前プロモのナレーションで言っただけですから、個人的には他の惑星へ移民うんぬんの話は無かったことにして欲しいものです。
[PR]
by ginseiseki | 2009-09-27 14:19 | PSU
d0059341_1653179.jpg

 季節はずれの扇風機や~ックの基板しか出ないドロップ中から、このようなルームグッズを手に入れました。説明文によるとモトゥブの生物研究所で生み出されたとのことですが、このようなモンスターは今まで一度も登場していません。

 もしかしてこれはPSPo2に登場する新規モンスターなのでしょうか? 
[PR]
by ginseiseki | 2009-09-26 16:57 | PSU
 去年あたりから過疎化が始って、もうだめだと思われつつも、PSUは細々と何とか三周年を迎えることが出来ましたね。

 さて、そんな三周年を記念して開かれたイベントミッション。ひとまずはどんなギミックがあるのか、どの属性の敵が出現するのか、Cランクソロで確認してみました。先日フル強化に成功したラッピーファンを持って意気揚々と、ミッションを受諾したのですが・・・・・・
d0059341_9172211.jpg

 なん・・・だと・・・

 事前に武器が制限されることは知っていましたが、まさかここまでガチガチに縛られるとは。レンジャー系とフォース系のほとんどのタイプはセイバーとハンドガンしか使えないから、猛烈に厳しい状況を強いられることになります。

 ま、まぁここで言って始まりません。装備を変更していざ出発。

d0059341_9224016.jpg

 ブロック1は社エリア。現れるのは警衛士のみで、グラール教団のマシナリーがでないのは楽ですね。

d0059341_9245690.jpg

 ちなみに、敵を全滅させるとこのように三つのアイテムボックスが出現します。いずれかを破壊すると、制限武器の解除、制限解除の一時的な初期化、敵の増援のどれがとなります。運が悪いと永遠とセイバー&ハンドガンで戦うハメになります。
d0059341_928740.jpg

 次のエリアもニューデイズ。炎と氷属性の敵が同時に出現するので、一々武器を変更するのが面倒。このイベントミッションは最初の2ブロックは異なる属性の敵が同時に出現するので、いっそ関係のない属性の防具を装備したほうがマシかも知れませんね。3ブロック目以降は基本的に雷属性の敵が出るので、雷防具オンリーが個人的にベターかも。
d0059341_9273679.jpg

 第3ブロック目は同盟軍のマシナリーとの戦いになります。時限爆弾が多数仕掛けられており、時間がなくなると、そのたびにダメージを受けるのでHPに気を配らないといけません。

 また、爆弾エリアを抜けると、今度は暗がりでセキュリティーセンサーの仕掛けられた場所に出ます。ここは、ゴーグルでセンサーを発見できますが、敵が吹き飛ばし効果のある攻撃をしてくるので、慎重になってのあまり意味はないかもしれません。

d0059341_9354781.jpg

 お次はローゼノムシティ。雷属性の敵のみが出現します。ちなみに、このブロックの最後にあるアイテムボックスからはS3でルミラス/カーズナイトのドロップを確認しました。

d0059341_9372618.jpg

d0059341_93733100.jpg

 そして、ラストは双頭龍の二連戦。ハンドガンバレットを全く育てていない人は、空に飛ばれると泣きます。

 
 さて、ざっくりと今回のミッションを確認してみましたが、改めてフォース系はフォルテクターとマスターフォース以外は活躍できず、レンジャー系にしてもツインハンドガンが使えるガンマスター以外は火力不足に陥ってしまいます。人気のミッションによっては、種族や職業差別が起こるものですが、今回はソレがより強く現れそうで不安ですね。
[PR]
by ginseiseki | 2009-09-25 09:43 | PSU
 モノメイトやトリメイトなどの回復薬を飲んだだけで体力が一瞬にして回復するというのは、”ゲームだから”ということで私は深く追求しません。さすがに、そこまで細かい部分を考えていたらいつまでたっても先に進めませんからね。

 しかし、「自分を中心とした一定範囲にいる味方を回復する」という効果をもつスターアトマイザーとソルアトマイザーに関しては、細かいことではありません。「こまけぇことはいいんだよ!」と片付けるにはあまりに大きな現象ですから。

 どうして、自分が飲むと他人もその効果が現れるのか。私はなかなかその答えが見つかれいませんでしたが、そもそも薬を飲むという固定観念にとらわれていることに気がつきました。薬といっても飲むだけではなく、注射するものや軟膏などの塗り薬もあります。

 薬を化学薬品全般に拡大解釈すれば道が見えてきます。

 つまり、スターアトマイザーとソルアトマイザーは何らかの化学反応によってレスタやアンティといった回復テクニックを同じ効果を持つ薬品であるとすれば、「回復薬を使用すると周囲の味方も回復する」ということにできます。
[PR]
by ginseiseki | 2009-09-24 15:25 | PSU考察
 もう、「絶対零度の浄化令」のイベント報酬期間は明日の午前11時までとなりましたね。今回のイベント報酬期間では、メインで使っている打撃武器はほとんど40%以上のを持っているので、PAレベル上げとグラインダー強化を主に行なっていました。

 結構がんばったの3rdキャラの赤木鳩美ですね。ウィップメインの打撃アクロテクターとして使っていますが、さすがにマシナリー相手ではテクニックを使わざる得ないので、マシナリーに有効な氷、雷、土の攻撃テクニックのレベルを上げていました。

 しかし、GASが実装されてからというものの、レベルがカンストしてもずっと銀星石を使っているので、ピジョンブラッドと赤木鳩美のサブキャラを使うことは、今回のような出来事がない限り全く使わなくなってしまいました。
[PR]
by ginseiseki | 2009-09-23 19:49 | PSU
d0059341_11433045.jpg

 せっかくグラインダーの強化の成功率がアップしているので、GCミッションを回って大量に余ったラッピーファンをバッキバキに磨いてみました。5,6本ほどグラインダー強化店員の「サーセンw」という笑い声と共に、玉砕粉砕大喝采してしまいましたが、なんとか1本だけ属性率40%以上のフル強化ラッピーファンを手に入れることができました。

 そのうえ、このラッピーファンは最後の1本だったため、+9まで強化した先からは

       ______
      /  \    /\  <たのむ! 最後の1本なんだ。成功してくれ!!
    /  し (>)  (<)\
    | ∪    (__人__)  J | ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |          |
         ____
      /  \    ─\   チラッ
    /  し (>)  (●)\
    | ∪    (__人__)  J | ________
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ           \ | |          |
                                 ,.へ
  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. ‘´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /” \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―–―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . ‘::. :’ |::/   /   ,. ”
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r’”
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |   +10ラッピーファン完成     │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ


 と、そのときの私はこのような精神状態でした。

 その後は、メインで使っているA武器を+3、S武器を+2と、成功率が確実になる範囲まで強化しました。
[PR]
by ginseiseki | 2009-09-19 11:54 | PSU
 EP3から3年後という設定のPSPo2の世界ですが、テクニックだけではなく装備面でも大きな変化があるようです。ファミ通1085号に掲載されているPSPo2の記事からそのことが伺えます

変化1.生身の種族であっても、キャストのパーツのような防具を身に付けている。
 記事に掲載されているルミア・ウェーバーのイラストでは足に防具を身に付けており、同じくヒューマン(女)のイラストは一瞬キャストと勘違いしてしまうような姿でした。

変化2.ヒューマンとニューマンに、ミラージュブラストという必殺技がある
 ヒューマンとニューマンにはブラストゲージを貯めて使用する必殺技がありませんでしたが、PSPo2からはミラージュブラストと呼ばれる、幻獣を召還して攻撃することが出来ます。

 この二つの仕様変更を世界観考察的に考えると、やはり各種族の戦闘力の差を小さくしようとする動きが、武器開発の思想の中であるようです。

 では、なぜ”各種族の戦闘力の差を小さくしよう”としたのか。PSPo2以前のグラールにある戦闘力を持った組織は、同盟軍、ガーディアンズ、グラール教団、ローグスの四つ。このうち同盟軍はほぼキャストで構成されており、ならず者であるローグスに戦力の均一化を行なうような発想があるとは思えません。グラール教団もニューマン以外の警衛士はいるでしょうが、組織の成り立ちを考えるとニューマンが圧倒的に多い。多種族混成が日常となっている組織はガーディアンズのみと見てよいでしょう。

 しかしEP3において4勢力が協力してSEEDと戦いました。そのときに種族ごとの戦力差が原因のトラブルが頻発した可能性が高いと私は考えています。それゆえに、生身でもキャストと同等の防御力(ゲームのステータス的には無いでしょうが)を得ることが出来る防具や、SUVウェポンやナノブラストと同等の戦力の開発につながったのではないでしょうか?
[PR]
by ginseiseki | 2009-09-18 19:17 | PSU
ファンタシースターポータブル2 公式ブログ
9月15日 インタビューを補足してみよう!
URL http://ameblo.jp/phantasy-star-portable2/day-20090915.html

PSPo2の公式ブログからの発表によりますと、現在の補助テクニックがすべて廃止され、変わりにPSOでの補助テクニックが復活するとのことです。シフタは攻撃および法撃でデハンドは防御および精神がアップする仕様です。当然、ステータス低下テクニックであるジュルンとザルアも同様に実装されます。これにより、フォースが補助テクニックをかける際の負担が半減しますね。

 PSOのファンにとってはうれしい仕様変更ですが、これは世界感考察的には非常に興味深い仕様変更です。これはつまり、グラールという世界観の元に考えるのならば、シフタやデハンドといった新しいテクニックが開発されて普及したということになります。

 超能力を科学的に解明したという設定を持つテクニックですが、新型テクニックが開発されたことから、テクニックは身体技能としての技術ではなく、道具としての技術の意味合いが非常に強くなりました。
[PR]
by ginseiseki | 2009-09-16 15:26 | PSU
ブログトップ