「ほっ」と。キャンペーン

銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

<   2009年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 先日ニューデイズGBR3rdが開催されましたが、実のところたったの1周で飽きによる睡魔に襲われてしまいました。先の大型イベントでは経験値の増加とゲッカがありましたが、今回のGBRはほとんどプレイヤーに対して魅力となる要素を提示できていません。

 そもそも、ソニックチームが過剰に新規アイテムの実装を渋るものですから、高属性やグラインダーフル強化は別として、多くのプレイヤーはすでに欲しいアイテムはあらかた手に入っている状態です。新規アイテムも追加課金が必要なGCミッションでのドロップとくれば、ますますニューデイズGBR3rdの存在意義が薄れています。

 もうドロップ率増加だけのイベントであるGBRは完全にネットゲームとしての商品価値がないと思うのです。星霊のように日替わりで、ブーストされるのが経験値であったりメセタであったりするのならば、まだやる気が出るのですが……
[PR]
by ginseiseki | 2009-08-31 21:18 | PSU
d0059341_1442676.jpg

 PSUサービス開始当初は比較的人がいましたが、現在では全くといって良いほどプレイヤーが訪れる機会のないミズラキ保護地区。実は公式設定によると、この私の立っている場所は巨大な樹木の枝の上だそうです。イラスト集には巨大な樹木が真横に枝を伸ばしている絵が描かれています。劇中では語られていませんが、基本的にニューデイズの野生植物はレリクス文明期のバイオハザードで異常繁殖しています。

d0059341_14452830.jpg

 ミズラキ保護地区方面のミッションの人気は衰えていても、この温泉ロビーはチャットのために訪れる人がいるのではないでしょうか? 樹上に湯が沸く道理はないので、おそらくこの場所に限っては木の枝の上ではなく、ちゃんとした地面でしょう。湯気が漂っていたり、よく見ると紅い落葉が湯面に浮かんでいたり、なかなか芸の細かいロビーです。

 ところで、バスタオルコスチュームの実装はまだですかねぇ(チラッ

d0059341_14533328.jpg

 さて、所変わってこちらはタンゼ巡礼路。木の根に覆われた水風船のような物体がありますが、公式設定によると、この中には水よりも軽い樹液が入っていて、それで水の上に浮いているそうなのです。根を地面に張らず、水の上に浮く草は現実にもありますが、樹木でこのような生体となるとニューデイズの植物の特殊性が伺えます。SFといえば高度なテクノロジーというイメージがありますが、地球とは全く異なる自然環境もまたSFの面白さでもあります。

d0059341_1504263.jpg

 巡礼路を抜けるとグラール教で崇められている聖地エガムに出ます。ここではアガタ・レリクスの外観を見ることが出来ます。レリクスはSEED来襲にあわせて、地下から現れたとされていますが、こうして堂々とした姿を見せていることから、その存在自体は昔から認知されており、SEEDが来たことで大量に発見されたと解釈するべきでしょう。

 ここからシティに向かっていくと受諾することが出来る「東方より来るもの」は、初めて実装された協力フリーミッションであり、ハル/クイックを求めて多くのプレイヤーが挑んでいきました。今と比べてお金が集まりにくかった無印時代において、S2ランクの5975メセタという報酬は貴重な資金源でした。
[PR]
by ginseiseki | 2009-08-29 15:09 | PSU
『ファンタシースター』が新たなステージへ! 『ファンタシースターポータブル2』
リンク先:ファミ通.com

 ファンタシースターポータブル2より登場する新キャラで、エミリア・パーシバルとユート・ユン・ユンカースというキャラクターがいます。ここで非常に気になるのはユートというキャラクターが持つ設定です。かれはモトゥブの文化保護地区で暮らしており、カーシュ族と呼ばれる民族の出身です。

 彼はPSPo2より追加される新しい種族と見られそうですが、耳がとがっているのと、フォトンの感応力に優れるという設定から、モトゥブに古くから暮らすニューマンである可能性も十分に考えられます。公式の設定ではEP1の650年前前後にはモトゥブに人が住み始めているようですから、その時にニューマンの一部がモトゥブに住み着いて、一つの民族を形成したとしても大きく違和感を感じることはありません。

 カーシュ族が一体どのような存在であるかは、PSPo2でのストーリーで明らかにされるでしょうが、四つの種族に加えて、各種族の中にもいくつかの民族が存在するという設定がもしあるとすれば、それはなかなか面白そうだと思うのです。例えば、特定のパーツを内蔵しているキャストの集団がOO族を名乗るようになるなど、二次創作的な想像力を刺激させられます。
[PR]
by ginseiseki | 2009-08-25 21:05 | PSU考察
d0059341_1659293.jpg

 ゲッカを求めて氷点下の挑戦状を何度も挑戦しているのですが、出てくるのといえばグラール太陽系のガリガリ君ことアイスソードです。あまりのドロップ率の低さに、アイスクリーム頭痛とは異なる痛みが私を襲います。

 イベントスタート当初から周回していれば、もしかしたら手に入ったかもしれませんが、貧弱一般人たる私がエリートハムスターの真似事をしても、イベント終了の28日に間に合わないことは火を見るより明らか。せいぜいがレイスフィアの交換品をそろえた時点で試合終了。英語で言うとタイムアップ。

 イベント終了後は特に欲しいアイテムも無いので、パネル報酬のPA経験値アップを利用して、ピジョンブラッドと赤木鳩美のPA上げをすることになりそうです。知り合いもほとんどログインしていないので、モンハン3が7割、PSUが3割のネトゲ生活を送ることになりそうです。
[PR]
by ginseiseki | 2009-08-23 17:10 | PSU
 今秋発売されたファミ通のトップ記事にて、ファンタシースターポータブル2が発表されました。今回の記事で分かったことがいくつかあります。

1.物語はEP3の3年後。亜空間航行技術による外宇宙の進出が計画されている。

 ストーリー部分の詳しい紹介はありませんでしたが、外宇宙に進出しようとしているという、PSPo2の世界情勢は非常に気になる設定です。もしかしたら、ワープ可能な宇宙船で外宇宙へ向かい、その先にラグオルがあった、なんて展開もありえそうです。

2.主人公はガーディアンズではない。傭兵派遣会社のリトルウィング所属

 意外なのが主人公サイドがガーディアンズでは無いということです。ガーディアンズは劇中の描写を見る限りでは、民営化された国債警察機構のような立場でありましたが、今回は傭兵派遣会社です。構想されているストーリーでガーディアンズでは不都合があったからなのでしょうが、その理由が気になるところ。

3.緊急回避と新武器として盾が実装

 この新要素は確実にファンタシースターゼロのユーザーを取り込もうという試みであるのは明らかですね。盾の実装はいいとして、問題は緊急回避です。PSゼロの緊急回避は非常に性能が悪く、攻撃の最中でとっさに回避が出来ず、ゲーム中ではあまり意味の無いアクションでした。PSPo2ではモンスターハンターシリーズのような回避が可能であることを願います。


 新作の発表は非常にうれしい限りです。正直なところ考察ネタが枯渇していたので、また新たな世界観の情報はファンとして助かります。
[PR]
by ginseiseki | 2009-08-20 21:23 | PSU
d0059341_20414726.jpg

 PSOにてクエストを進めていくと狂気に取り付かれたキリークと戦い、勝利するとソウルイーターが入手できます。大鎌というデザインもあいまって、ソウルイーターは闇属性やダークパワーといったイメージがあります。

 使者を冥界に運ぶ死神を連想させる大鎌の武器。敵に致命的な致命傷を与えられる力がありそうな雰囲気ですね。

 ちなみにダークパワーっぽいのは私のような清らかな人間が持つと光と闇が両方そなわり最強に見えます。腹黒い者が持つと逆に頭がおかしくなって死にます。
[PR]
by ginseiseki | 2009-08-15 20:48 | PSU
 打撃武器は刃が半透明で光を固定化したように見えるのに、合成素材を見ると「刀身に使用する」とされている金属が必要だったりと、打撃武器の刃はフォトンを固定化したのか、金属の刀身にフォトンを伝導したのかイマイチはっきりしていません。

 私はステルニウムやステラリアンといった合成素材から、打撃武器は金属の刃にフォトンエネルギーを伝導していると解釈していますが、先日その解釈の確信をより深めるものを発見しました。

d0059341_21354989.jpg

 GC関連の交換品で新しい服が実装さえれたので、早速手に入れて赤木鳩美に着せました。その時、ちょっとしたことから防具をはずしたら、このように金属部品が露出していました。この腰にあるリボンのような部品は、シールドラインの属性の色を発するので、この部品にシールドラインのフォトンエネルギーを伝導させているようです。

 しかし、もしかするとシールドラインは衣服にフォトンエネルギーを伝導させてダメージを軽減しているのかもしれませんね。「布面積が圧倒的に低いビキニはどうなるのだ」ということになるので、もっと考えを練らないとダメでしょうが。
[PR]
by ginseiseki | 2009-08-13 21:43 | PSU考察
 昨日、九州から千葉へと帰ってきました。前の出張よりも1ヶ月短いので、すぐに終わったような気分です。

d0059341_11194137.jpg

 それで、早速PSUにログインし、イベントミッションに挑戦。地雷プレイヤーにならないよう、属性やステージのギミックをCランクで確認しました。フォトンリフレクターはイレイザーと同様に、小刻みに動くことで浄化速度を速めることが可能なのですね。ところで、おそらくはフォトンリフレクターもまた意地でも返さないプレイヤーが出るでしょうね。

d0059341_11231688.jpg

 後半戦の屋内ステージではギミックが中心でしたね。敵の姿が見えないので攻撃が当てにくいですが、適当に撃っても範囲が広くて当たりやすいスキルや、ノス系テクニック、ショットガン、クロスボウなどが重宝しそうな感じです。ボーナスステージではガンナーはいらない子扱いになっているようですが……

d0059341_11264546.jpg

 一通り確認して装備と整えなおした後は、友人の方と一緒にペアで周回。なかなか経験値がおいしいので、これを気にレベル差が開いているピジョンブラッドと赤木鳩美のレベル上げも良いかも。
[PR]
by ginseiseki | 2009-08-12 11:28 | PSU
 ファイナルファンタジーにはデス、ドラゴンクエストにはザラキがあるように、PSUにも即死魔法としてメギドが存在します。即死魔法に対するイメージは(私個人のイメージですが)外傷を与えずに対象となった生命体を死亡させる効果というものです。ただし、PSUのメギドは他のRPGの即死魔法と比べて以外と異質な特性を持っています。

 1.即死効果を持ちながら、ダメージを与えることが出来る。
 2.機械に対しても効果がある(むしろ有効)

 上記の2点がメギドの特性です。まず1の特性ですが、私は即死魔法に対して「生命力そのものにダメージを与える」といったイメージを持っているので、メギドの即死効果に耐えたものの体力が急激に(あるいは強烈に?)低下したのを、ヒットポイントの減少として表現されていると解釈します。

 問題は2の特性です。当然のことながら機械に生命力など存在しません。ですが、PSUの世界では全ての機械はフォトンエネルギーによって動作していると言う設定です。フォトンは人間の精神に影響を受けたりと、生命体にも宿っているような描写がなされている(そもそもフォトンと生命が全くの無関係だったら、グラール教とう宗教自体生まれるようには思えません。宗教はまず人の命から始まっているのでは?)ので、メギドは『フォトンエネルギーを急激に低下させるテクニック』と考えれば、マシナリー系の敵にも効果があると一応の納得はできます。

 また、メギドがフォトンエネルギーを低下させるようなテクニックならば、それでマシナリーを倒したときに敵がその場で停止するのではなく自爆するのはおかしいのでは? という疑問が出てきますが、それはマシナリーに想定外の原因でエネルギー出力が低下した場合は自爆するようなプログラムがあると言い訳します。
[PR]
by ginseiseki | 2009-08-08 21:23 | PSU考察
 新しい小説が完成しました。今回はPSUとPSOのクロスオーバーがテーマの小説です。SideYouCrossOverは4部構想の作品で、私の書いてきたなかでは一番の長編になりそうです。今回はその第1部であるPSU編です。

 SideYouCrossOver PSU編  前編   後編

 また、掲載している場所はネットゲームコミュニティーであるサイバトロン軍団の運営フォーラムです。メンバーでない方の感想はこの記事のコメントに記入してください。
[PR]
by ginseiseki | 2009-08-04 16:36 | 二次創作小説
ブログトップ