銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 敵モンスターとして登場するコルトバとオルアカはグラールでは食肉用として飼育されている家畜と設定されています。なぜ家畜が襲ってくるのかは、SEED侵食によって凶暴化したためだと劇中では説明されています。

 おそらく、侵食された家畜はもう食べることは不可能でしょう。現実世界で例えるならば、狂牛病の肉を食べようとすることと同じかもしれません。野菜・穀物に関しても、EP2の1章でAndYouがライアと侵食されたニューデイズの植物を調査しているので、家畜と同じように侵食されて被害にあっていると考えてよいでしょう。

 となると、EP1からEP3までのグラール太陽系では食糧問題が発生していた可能性が非常に高い。Gコロニーは比較的被害が少ないので、自給自足のシステムが確立していれば大丈夫そうですが、EP1でSEEDの生態を調べるために、わざと食料プラントにSEEDを引き寄せていましたね。あんなことをしてGコロニーの食料事情は大丈夫だったのでしょうか?

 SFにありがちな合成食料の技術があれば別ですが、PSUのフード系アイテムでそれらしきものはありません。パートナーマシナリーの合成がそれに当たるとも考えられますが、必要素材がみな自然素材で化学合成されたものではないので、あれはパートナーマシナリーが調理していると私は考えています。

 おそらく食料難を抱えていたグラール太陽系ではそれに付随するさまざまな問題が発生していたでしょう。SEEDによる難民に配給する食糧をローグスが強奪して闇市で売りさばく等の犯罪があってもおかしくありません。
[PR]
by ginseiseki | 2009-04-25 22:32 | PSU考察
d0059341_11575154.jpg

 多くの人たちが一度はあこがれる夢の料理、それがマンガ肉。私も幼い頃、母に「骨付き肉が食べたい」といったところ、骨付きローストチキンを夕飯に出された思い出があります。母さん、せめてTボーンステーキ出してください。

 さて、先日のアップデートで限定ミッションのファーストステージから、そのマンガ肉をモチーフにした武器がドロップするようになりました。ブルースとの交換ミッションで運よくミディアムに焼けると、ゲーム画面であるものの、なんともおいしそうな感じです。

 しかし、ここでひとつ気になることが。この肉って一体何の肉なのでしょうかね。

 PSUの世界で食用肉として飼育されているのはコルトバとムルアカです。グラフィックを見ると、肉の切り身に骨の形をしたフォトンの棒をさしているように見えますが、肉のサイズがコルトバ・ムルアカと比べると大きすぎます。

 現実世界ではコルトバたちよりもずっと体の大きい牛という食用家畜がいますが、それでも骨にハンバーグを巻きつける、ハムやソーセージを骨にさす、薄切りのばら肉を骨に何十も巻きつける、といった風に、単体の切り身に骨という本来のマンガ肉の形を完全に再現していません。

 もう一度グラフィックを見てもこのマンガ肉武器は単体の肉の切り身に骨を刺しています。となると、コルトバやオルアカよりもずっと巨大な生物の肉である可能性が高い。

 こんなサイズの肉の切り身を出せる生物といえば・・・・・・ディ・ラガンやゾアルゴウグでしょうか? ドラゴンボールで恐竜を倒してマンガ肉を食べているシーンがありましたけど、さすがにこいつらは食べられるのでしょうか・・・・・・

 いやいや、まってください。そもそも、このマンガ肉武器が人間用の肉とは限りません。そもそも肉を武器として使っているのですから、強度を考えると文字通り歯が立たないくらいの硬い肉かもしれません。そうすれば、ディ・ラガンのように食べることが出来るとは思えないような生物の肉でも大丈夫です。
[PR]
by ginseiseki | 2009-04-22 12:00 | PSU考察
 現在追加されたシーンは今回で最後です。繰り返すことで本当の結末に向かっていくのはノベルゲームに通じるものがありますね

 ちなみに、追加シーンだけなのに今までのロールプレイ日記で一番画像を使用することになりました。

続きを読む
[PR]
by ginseiseki | 2009-04-21 21:57
 前回に引き続き、今回は第7章で追加されたシーンのロールプレイ日記です。

続きを読む
[PR]
by ginseiseki | 2009-04-20 21:49
 3ヶ月ぶりのロールプレイ日記となります。今回は今までの更新で、追加されたシーンとなります。

続きを読む
[PR]
by ginseiseki | 2009-04-18 21:05
 物語としてのPSUはEP3をもって完結したわけですが、ネットゲームとして今後も続く以上、プレイヤーとしては続編が登場して欲しいものです。とはいえ、続編を作るとしたらいろいろな条件があると思うのです。

1.闇属性モンスターの扱いに関して

 EP3にてSEEDを完全封印したわけですが、闇属性のモンスターはSEEDしかいない(例外的に特務兵ウォビスがいますが、この敵はSEED侵食されたキャストっぽいのでここでは除外)となると、新しい闇属性モンスターを登場させる必要があると思うのです。

 単純に封印装置の故障かなにかで、もう一度SEEDが復活したとすればそんな労力は必要ないのでしょうが、それをやってしまうとEP3までにイーサンをはじめとした登場人物の行動が全て無駄になってしまい、なによりも物語の受け手としては「なんだよまた同じ敵役かよ」と思われてしまいます。

 なのでSEEDを再登場させるのなら、封印装置の故障以外の理由が望ましいです。考えられる手法としては。

  1)レリクス文明の時代にタイムスリップして、過去のSEEDと戦う。
  2)ファンタシースター1~4に登場する、ダークファルスを生み出した存在である
    「深遠なる闇」が登場し、新しくダークファルスを製造、そしてSEED復活。
  3)イルミナスの作ったSEEDウィルスが残っており、それによるバイオハザードで
    SEED復活。

 私が思いつくSEED再登場の理由はこれくらいです。


2.人間の敵役について
 さて、SEEDに関する考察はここまでにして、話題を変えます。

 EP1ではマガシが指揮するエンヴォルト機関、EP2,3においては差別主義テロリストのイルミナスという敵役が存在します。SEEDというのは言語を持たない敵役なので、ドラマ性を持たせにくいためか、PSUではSEED以外にも人間の敵役が登場します。これにならって、EP4でも人間の敵役が登場することが考えられます。

 人間の敵役というのならばテロリストが妥当なあたりでしょう。ただしEP2,3でイルミナスが登場したので、他の種族を差別する思想を持ったテロ組織はもう登場させられません。だいたい、EP3の完結で種族間対立が薄まったので、もう一度差別思想を敵役にするとクドクなります。

 ただ、人間の敵役は差別主義者ではないということに注意すれば、わりと自由に考えられますね。ヘルシングのナチス残党軍のように「戦争をしたいから戦争をする」集団でもよいですし、コールドスリープしていたレリクス文明期の古代人が復活して世界制服をもくろむとか、いろいろ考えられます。


 プレイヤー自身が主人公のネットゲームとはいえ、RPGである以上は何らかのストーリー性を持たせたほうが良いと思います。ソニックチームにアイデアが枯渇しているのならば、今やっているアイテムコンテストのように、シナリオコンテストをすれば良いと思いますね。もしそうなったら書きますよ、シナリオ。
[PR]
by ginseiseki | 2009-04-15 10:57 | PSU
d0059341_23235842.jpg

 クリムゾンノヴァを手に入れました。思いのほか苦労をせずに手に入ったのはラッキーですね。パーツのほとんどが赤で構成されているのでピジョンブラッドによく似合います。

 AライフルなのでGMがメインのピジョンブラッドが使う機会は少ないかもしれませんが、使っていると絵になるので気分転換にFGになって見るのも一興です。
[PR]
by ginseiseki | 2009-04-06 23:25 | PSU
d0059341_1041576.jpg

 私たちプレイヤーは機動警護部に所属しているという設定で、グラール中をまたにかけてミッションを行なっています。しかし、常駐警護部はブナミが所属しているということ以外はほとんどゲーム中では明らかにされていませんでした。

 しかし、追加アップデートで限定ミッションが常駐警護部の訓練という設定で登場したおかげで、その姿が少しだけ分かってきました。

 限定ミッションを受諾できる場所にはNPCが一人いて、常駐警護部について簡単な説明をしてくれます。上の画像の台詞から、一つの星に活動範囲を限定していることが分かります。私は”常駐”という名前から、一つのシティのみで活動する部署かと思いましたが、実際の活動範囲はもっと広かったですね。

 また、”一つの星だけ”という定義からムーブチケットでGコロニー以外にマイルームを移したプレイヤーは、機動警護部から常駐警護部になったように見えますが、私は活動拠点がGコロニーから他の星に移っただけで、グラール全土で活動できることに変わりないと解釈しています。
[PR]
by ginseiseki | 2009-04-05 10:48 | PSU考察
ブログトップ