銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

<   2008年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 最近とある事情(スパロボZ)でほとんどPSUにログインしていないので、ネタがずいぶん乏しくなりました。

 グラールにはGRM、ヨウメイ、テラノ・ワークスの三大武器メーカーがありますが、やはり企業であるのですから、当然自社の広告活動は行っているでしょう。さすがに治安維持の問題から、防具はともかく武器はTVコマーシャルなどの広告は行っていないでしょう。せいぜい見本市や専門店にパンフレットをおく程度でしょう。

 気になるのはその広告の内容です。いったいどのような感じで自社製品をアピールしているのでしょうか。

 GRMはパルムの企業なので自社製品が同盟軍に採用されたことをアピールした広告活動を行っていそうですね。そう考えるならばニューデイズのヨウメイも同じで、グラール教団の警衛士の装備として採用されたことをアピールするでしょう。

 GRM・ヨウメイの2社に対して、テラノ・ワークスは主な客層がローグスである可能性が強いので、結構ワイルドな文章でパンフレットが書かれているかもしれません。
[PR]
by ginseiseki | 2008-09-29 20:45 | PSU考察
 PSU Live!

 上の特設サイトで、グラールの様子を生中継されているようですね。見たところNPCのハル殻の視点を写されているようです。でも、ただ単にそれだけ。パルムのガーディアンズ支部にいるプレイヤーの会話とかが見れるだけです。

 こういうのは見る側が楽しめる内容出なければ意味がないと思いますね。でもPSUには見るだけで楽しいようなイベントを組めるような仕様ではないのでは?他のネットゲームなら戦争とかを中継すればそれなりに楽しめるでしょうが。

 やはり対戦要素がないとこういった中継企画は、空振りしてしまいますね。爆炎の決闘場とは別に、PSOのバトルモードのような純粋にプレイヤー同士が戦う、ミッションを実装してトーナメント大会とかを開き、その様子を中継するというのならとても面白そう。
[PR]
by ginseiseki | 2008-09-27 19:49 | PSU
d0059341_1930978.jpg


 我々プレイヤーが求めてやまない装備やアイテムを合成するのには欠かせない基板。ゲーム上では設計図のような役割を担っていますね。ただ、基というからには板状の物体であることは間違いないでしょう。

 PMに話しかけて、基板をセットすることで合成が可能となりますが、さすがにPMの体のどこかに基板を差し込むということではないでしょう。

 そこで、合成は専用のツールがあって、そのツールに基板と素材をセットしてPMが武器や防具を作ってくれるのだと私は考えました。EP1でもイーサンがルミアから合成ツールをもらうことで初めて合成が可能となります。

 もうちょっと話を進めてみます。

 まずPMが合成ツールを使って合成を行う。PMに打撃、射撃と合成分野のレベルがあるのは、おそらくその分野に対する知識量だと私はにらんでいます。プレイヤーがアイテムを食べさせることでPMは合成分野のレベルを上げていきますが、あれは食べたアイテムを解析して、合成のための知識を吸収しているのかもしれませんね。

 ですから、知識と道具さえあればPMでなくとも、人間が武器や防具の合成は可能で、ガーディアンがそれをしないのはただ単にミッションに追われて、合成をする暇がないのでしょう。

 アイテム交換ミッションの応用で、凄腕の職人に素材を渡せば、門外不出の技術によって武器を作ってくれる、というのがあったら面白いかも。
[PR]
by ginseiseki | 2008-09-25 19:52 | PSU考察
 PSUの世界観設定で気になるもののひとつとして、グラール太陽系の歴史があります。500年続いた種族間戦争と、レリクス文明とSEEDの戦いですね。EP3が完結して、まだPSUというネットゲームが続くのならば、ぜひとも過去の世界を舞台にしたストーリーミッションを実装して欲しい。

 問題はプレイヤーの使っているキャラクターをどう、過去を舞台にした物語とリンクさせるかです。何の説明もなくに過去の世界にプレイヤーキャラを登場させたら無尽が出ます。

 まぁ、その点はAフォトンのエネルギーの暴走とかで、過去に飛ばされて、帰るためには7つの特別なエメラルドの力を使って帰る、みたいな物語にすれば大丈夫でしょう。大丈夫、ソニックチームならいける。PS3・XBOX360版ソニック的な意味で。

 問題は登場させる武器ですね。レリクス文明の時代に飛ばされるならば、現代以上の科学力によるレリクス文明製武器とかを登場させれば大丈夫でしょう。

 それよりも、種族間戦争時代での武器設定が難しいですね。100年以上も前の武器なんて、趣味やインテリア目的でしか使われません。明らかに現代で使われている武器よりも性能が落ちるはず。限界まで科学が発達して殆ど成長がないから、100年前から武器がほとんど同じという設定にするか、戦争中に使われた、レリクス文明の技術を利用した武器とかを出さないと厳しいですね。

 でもPSZの発表と最近の運営を考えると、もうソニックチームはPSUを維持していくやる気がなさそうです。あぁ、設定は面白いゲームなのになぁ。
[PR]
by ginseiseki | 2008-09-23 13:30 | PSU
 正直に言います。2周年記念イベントに飽きてきました。銀星石とピジョンブラッドがレベル160になり、赤木鳩美の育成を始めたのですが、最初ほど面白くない。どう考えても飽きてきています。

 くわえて、今開催されているイベントは今までのイベントと比べてあまり面白くない気がするのです。一体何の要素が欠けているのでしょうか。

 そう考えていた時、正しいかは分かりませんが、あることに気がつきました。2周年記念イベントにはパネル報酬がないのです。「電撃カップ」や「闇を裂く絶対殲滅戦」は、ミッションをクリアーすればポイントが溜まって、イベント終了後に合成成功率アップなどの報酬がありましたが、今のイベントにはそれがありません。

 レベル上げと、アルマスライン基盤とガルド・ミラ探しくらいしか、目標がないのが現状ですね。レア掘りにいたってはγのランクAでマジムラ集めて、それを売ったお金で買ったほうが早いような気がしてきました。

 そんなモチベーションをあげてくれるパネル報酬も、「闇を裂く絶対殲滅戦」では最後のパネルが開かれなかったことから、PSUそのものが飽きられてきている兆候と見られますね。PSZの開発もいいですが、はやく追加ディスクを発表してくださいよソニックチーム・・・・・・100歩譲ってPSUが打ち切られるならば、据え置き版PSZも出してください。
[PR]
by ginseiseki | 2008-09-21 08:02 | PSU
 昔書いた考察記事の「キャストのはらわた」で、キャストはドラえもんのように食事をすると結論付けましたが。もう少し突っ込んだ考えが浮かびました。

 よくよく考えるとグラールの機械は全てフォトンリアクターで動きます。生命とはいえ機械の体を持つキャストですから、フォトンリアクターを搭載していてもなんらおかしくはありません。フォトンリアクターは空間に存在するフォトンを吸収するので、実質的に永久機関といってもいいでしょう。

 あれ?ということは、キャストには食事が必要ない?

 いやいや、もう一度考えて見ます。たしか、EP1で小型化ができるがその分出力が低いという話が出てきました。ということは、キャストがフォトンリアクターを搭載していても、最低限の生命活動(頭脳体のみの動作など)はフォトンリアクターで、体を動かす時のエネルギー源は有機体の人類と同じで食事から取っているのかもしれません。

 そして、何よりも食事は”人類という生命”が当たり前に行っている行動です。キャストも食事によってエネルギー補給を行わなければ、ただの人型マシナリーとして見られてしまうかもしれません。
[PR]
by ginseiseki | 2008-09-19 20:44 | PSU考察
d0059341_19465567.jpg

 キャストはソニックチームが機械生命体であることを強調したいのか、メカニカルな姿をしていることが多いです。しかし、よくよく考えると戦闘中なら上の画像のような格好は鎧のような役割を果たしてくれるでしょうが、日常生活では非常に不便です。ピジョンブラッドのこの格好では確実にイスに座れません。

d0059341_19493319.jpg

 ですから、パーツアイテムは戦闘用の格好であって、非戦闘員や一般市民は、画像のような普通の服をきているのではないでしょうか?レムリア・ノルフェは農作業に適した動きやすそうな格好をしていますし、Gコロニーの受付嬢のキャストも鎧のようなパーツではなく、制服を着用していますし。

 非番の日のキャストのガーディアンが、重苦しいパーツを脱いで、解放的な休暇を取っている姿が思い浮かびます。
[PR]
by ginseiseki | 2008-09-17 19:58 | PSU考察
d0059341_9461491.jpg

 杖を持っており、複数のテクニックを使ってくるフォース型のモンスターは本当に厄介な敵です。画像に写っているコウマズリはバータとグランツを使ってくるので、レジストユニットで睡眠と凍結のどちらかを防いでも、残ったほうの状態異常で一方的に攻撃されてしまいます。

 2種類以上の属性を使ってくるのは非常に厄介ですが、ワープ能力も厄介ですね。あっちにいったり、こっちにいったりと戦闘が面倒になります。

 ですが、このワープ能力。私も初めてみたときは”ワープ”だと思いましたが、よくよく考えるとこれは本当にワープなのでしょうか?レーダー上での敵の動きを見る限り、一瞬の移動ではなく、ごく普通の移動です。

 ということは、これはワープ能力というよりも光学迷彩能力である可能性が高いと思われます。フォース型モンスターが姿を消す時のエフェクトはワープのように見えてしまいますが、レーダー上では瞬間移動していないので、やはり姿を消して移動しているのでしょう。

ここからは追記です

 上記の考察で、私はフォース型モンスターが姿を消すのは光学迷彩だと結論しましたが、PSPoのモンスター図鑑にマガス・マッガーナとガオゾランは瞬間移動できると書かれていました。したがって、この記事の考察は覆ることになります。
[PR]
by ginseiseki | 2008-09-15 10:00 | PSU考察
d0059341_825332.jpg

 ショット系を使うときには、撃った後にかならず銃身の下にあるグリップを引くどうさを行います。これを銃の用語でポンプアクションと呼びます。ポンプアクションは散弾銃によく採用される機構で、銃身の下にある弾装から弾丸を装填、排莢を行うものです。

 見た目だけならば、グラールの銃はエネルギーを銃だから、ポンプアクションをする必要などないように思えますが、私のグラールの銃の解釈では”フォトンエネルギーを実体化して弾丸とする”というもの(レーザーだと大きな反動があるのはおかしい、ビームだと放射能発生で使えない)ですから、あながち矛盾していないと思います。

 おそらくショットの内部のどこかで、1回の発射弾数分(3~5発)をフォトンリアクターから実体化させて、それを装填するためにポンプアクションをしていると予想。
[PR]
by ginseiseki | 2008-09-14 08:49 | PSU考察
ファンタシースターゼロ 公式サイト

 先日発売された週刊ファミ通にファンタシースターシリーズの新作、ファンタシースターゼロの記事が掲載されていました。早売りやネットですでに知っている人も大勢いるかもしれません。

 キャラクターデザインはアイドルマスターのデザインを手がけた人のようです。キャストのデザインが私のツボにはまります。レイマーのガンマン衣装もいかにも射撃武器が得意な雰囲気が出ていて良いですね。

 たった2ページの記事ではなんとも質の優劣の判断がつきませんが、3DのアクションRPGはグラフィックレベルとPSPと異なりアナログパッドがないDSでは少々厳しい気がします。

 逆にWifiを使ったマルチプレイとピクトチャットによるコミュニケーションはなかなか魅力的です。

 でも、ここにきて新しいPSシリーズを出してきた当ことは、ソニックチームはPSUに見切りを付けているのかもしれません。実際2周年記念イベントが開催中ですが、ログイン数は今までのイベントの半分以下。イルミナス発売から1年も経過しているのに、追加パックの情報は一切なし。正直、どこまでサービスが続くのか非常に心配です。
[PR]
by ginseiseki | 2008-09-13 09:52 | PSU
ブログトップ