銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

カテゴリ:PSU考察( 164 )

 エピソード1の序盤に少し話題に登った程度で、それ以降のストーリーにはほとんど関わることはありませんでしたが、多くのキャストは「キャスト至上主義」という差別主義を信仰しているという設定があります。

 プログラム的な言い方をすると、キャストはずいぶんとバグった物の考え方をします。心は無駄であると公言したり、合理主義的な行動をとるものの、差別主義を標榜するあたり、キャストと生身の人間とのものの考え方の差は大きくかけ離れていません。

 そもそも、キャスト至上主義は非常に非論理的な思考です。この差別主義が活発なのはパルムですが、いくら政治活動のメインがキャストとはいえ、パルム人口の5%しかいないのにもかかわらず、残り95%の人達に喧嘩を売っているわけです。

 つまるところ、キャストも生身の人間と同レベルで知性体としては不完全ということになります。

 では、そもそもなぜキャストは生身の人間と同じなのか。私はほかの考察で、キャストのボディーは生身の人間とかぎりなく構造が同じであると言っていますが、それは知性を司る部分も同じではないかと考えています。

 よくSFに登場する自分で考える”強いAI”はプログラムが高度に発達した末に生まれるといった描写が多いです。しかし、キャストは”人工知能”というよりも”人工頭脳”によって知性を獲得したのかもしれません。つまり、キャストは「考えることが出来るプログラム」で動くのではなく「脳と同じ動作をする装置」によって動いているから、非論理的な行動を取り、感情も芽生えるのではないかと私は考えています。
[PR]
by ginseiseki | 2010-08-12 23:58 | PSU考察
 ファンタシースターポータブル2をプレイして、一番初めに出会う登場人物がバスクというキャストです。第一印象ではベテランの傭兵である彼ですが、リトルウィングでは常にエミリアのことを気にかけており、物語後半では元教師であることが明らかになります。

 バスクの過去はチェルシーと同じく、なぜ元の職業をやめたのか詳細な描写がありません。チェルシーは軍人からホステス。バスクは教師から傭兵と、転職先が元の職業とかけ離れているという点も同様です。

 未成年を非常に大事に思う言動から察するに、バスクの物事の考え方は教師時代と大きく変わっていません。
そうなると、なぜ転職したのかなかなか理由が思いつきません。

 となると、バスクが自ら進んで傭兵になったのではなく、傭兵にならざる得なかった理由があった可能性も出てきました。生徒を守るためにある違反行為をしてしまい、教員免許を永久剥奪されたというストーリーは、バスクの劇中での言動を見ればそうありえないことではないと思うのです。
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-29 22:04 | PSU考察
 今回は少々変化球な考察です。

 ファンタシースターオンライン2にてキャストのホステスとして登場したチェルシーですが、ゲーム終盤で彼女は元同盟軍兵士であることが判明しました。さらにはゲームクリアー後に受諾できるサイドストーリー『英雄たちの輪舞曲』にて、彼女はカーツの元教官であり、非常に厳しい軍人であったことが分かります。

 劇中の描写を見る限り、多くのキャストは生まれた時点で従事する職業が決まっているようなので、チェルシーも同盟軍人として生まれた可能性が高いです。

 教官という地位をもちり、「硝煙女帝」と呼ばれるほどの実績を持っているのですから、軍人という仕事は本気で取り組んでいたのでしょう。そんな彼女が軍をやめて第二の人生に水商売を選んだのですから、彼女がそうするほどの出来事があったと思われます。

 しかし、その出来事というのがなかなか予想できません。同盟軍からリトルウィングに来るあいだに水商売という経歴がなかったらすんなりと説明はつくのです。ウルスラやクラウチがいるからがいるから傭兵になったと実に納得できます。

 軍隊と水商売は全くと言っていいほど接点がありません。もしかしたら、それこそが理由なのでしょうか。チェルシーは軍を嫌悪するような出来事を経験して、とにかく軍と縁のない仕事を選んだ結果水商売に従事し、それが思いのほか性にあって続けていたとか。
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-22 20:52 | PSU考察
 本日は七月七日で、七夕の日です。子供の頃は織姫と彦星の境遇に同情したものですが、恋人という存在がフィクションとなってしまった現在では、仕事ほったらかしてイチャイチャした結果、離れ離れになった二人に対しては、「リア充ざまぁwwwww」としか思えなくなってしまいました。

 さて、翌日に行われる予定のサーバーメンテナンスで、大型イベントとともに星霊祭ロビーが実装されます。

 星霊祭はおそらくグラール教団の行事であるのでしょうが、ふと気がついてみるとエネルギーを信仰するというのは、いったいどのような感覚なのでしょうね。

 フォトンはPSUの世界では普遍的に存在しているようですから、生物・無機物を問わないすべてのものに霊魂が宿っているとするアミニズムに近い感覚かもしれません。グラールで動力を必要とするあらゆる道具や機械はフォトンを使用していますから、グラール教団はアミニズムの概念を機械にまで拡大解釈しているとも考えられそうです。

 公式サイトの説明文では、グラール教団については『星霊を日々敬い、感謝する事を教義としている』と書かれているので、教団の信者は日常生活でフォトンを使う道具たいして感謝を忘れないようにしているのかもしれません。あるいは、ニューデイズではフォトンリアクターを内蔵した道具・機械を捨てる際には、なにか儀式を行うと法令で定められている可能性も十分ありえます。
[PR]
by ginseiseki | 2010-07-07 19:09 | PSU考察
d0059341_20394011.jpg

 6月の最終日にする話題としてはアレですが、6月といえばジューンブライドであり、生涯の愛を誓い合う男女リア充爆発しろが結婚式を上げることが多い季節です。そこで気になるのが、グラールにおける結婚の様式です。法的な手続きは別として、宗教的儀式としてはどうなっているのでしょうか。

 やはり、最も勢力の大きいグラール教団の作法に則った結婚式が一般的でしょうね。ニューデイズの世界観設定を見ると、現実世界で言うところの神前式に近いかもしれません。

 ただし、季節イベントとして結婚式ロビーが実装される際に、公式サイトでは次のような説明文が掲載されています。

『グラール太陽系では、各惑星に応じて季節イベントは様変わりしますがジューンブライドだけはガーディアンズ・コロニーと、各惑星全てに共通して忘れることのできない行事です。』

参照先:ファンタシースターユニバース公式運営サイト

 グラール教団にジューンブライドの概念があるのか、それともグラール教団とは全く別種の宗教行事のうち、ジューンブライドのみが一般に浸透したのかよく分からないですね。ただ、ロビーに設置されるウェディングケーキリア充はケーキのように真っ二つになれのデザインが明らかにグラール教団の文化と異なるので、後者の可能性が高そうです。
[PR]
by ginseiseki | 2010-06-29 20:52 | PSU考察
d0059341_11192416.jpg

 ニューデイズのオウトクシティの街並みを観察してみると、大地が全く無く、水上の上に建築物が立てられていることがわかります。アジアンテイストなベネチアのような雰囲気ですね。

 グラール教のシンボルであるオウトク山が水を(おそらく重力操作技術で)引き上げて山の形にしているという設定があるため、おそらくはオウトク山の周辺に都市が作られているのでしょう。
d0059341_11222196.jpg

 ミッション受諾画面を見ると、オウトクシティにも陸地があるようにも見えますが、実際の風景を見る限り、これは人工物で作られた土地を表しているのでしょう。

 ここで気になるのは、なぜ海の真ん中に都市を作ったと言うことです。PSUの歴史設定を見ると、ニューデイズは旧文明時代のバイオハザードで、植物が異常成長しているらしいので、恐らく巨大植物に邪魔されてまともに人が住める土地がなかったために、水上都市で生活せざるえなかったのでしょう。ハビラオは竹林の中にある村ですが、アレは例外的なものかと思われます。

 ちなみに、ニューデイズの巨大植物はハビラオの巨大キノコ以外にもあります。無印時代の設定イラスト集によると、シコン諸島でプレイヤーが立っているのは巨大な浮き草の上で、ミズラキ保護区も木の枝のステージとしてデザインされたようです。
[PR]
by ginseiseki | 2010-06-17 11:30 | PSU考察
 銭湯やプールならともかく、私たち人間はむやみに肌を露出することを恥と感じます。ではキャストはどうなのでしょうか? 機械の体である彼らはそもそも『全裸』という概念があるかどうかも明確に描写されていません。
d0059341_2123534.jpg

 これは、パーツを一切身につけていない状態です。見方によってはこの状態がキャストの全裸と解釈出来ますが、一部肌色の部分があるので、インナースーツを着ているようにも見えます。
d0059341_20515172.jpg

 また、この画像のようにバスタオルや水着を着用すると、ちゃんと肌の部分が見えるので、私はボディーの外側を人工皮膚で覆っているものであると解釈します。

 機械の体であることを考えれば、「人体で他人に見られて恥ずかしいと思う部位」は作られていないのが自然でしょう。ただ、それでもキャストに羞恥心はあるのではないかと私は思っています。キャストは機械的合理主義者が多いと劇中で描写されますが、あくまでそれは「感情が希薄」ていどに見えます。人類として認知されている以上、根本的な部分の思考は生身の人間と比べて、大きく逸脱することはないでしょう。
[PR]
by ginseiseki | 2010-06-09 21:11 | PSU考察
 この記事を書いている前日、アップル社からipadが販売されました。このipadという商品は、電子書籍機能が一つのセールスポイントとなっています。最近では「紙媒体は時代遅れ。これからは電子書籍の時代」という話をちらほら聞いたりもします。(個人的には、場面に合わせてBGMを流すといった電子書籍独自の魅力がないと、小説を読むときは紙媒体が好きです)

 さて、そこで気になるのが、グラール太陽系というSF世界では、情報媒体としての「紙」はいったいどうなっているのでしょうか? 
d0059341_1581756.jpg

 ここで注目するのは、マイルームのベッド脇にある本棚に本が並んでいることです。実際に読む本ではなく、たんなるインテリア目的の飾りかもしれませんが、私個人としてはグラールではまだまだ紙媒体の需要が十分残されているのではないかと思います。アナログだからこそデジタルな情報改ざんへの耐性があるでしょうし。
[PR]
by ginseiseki | 2010-05-29 15:11 | PSU考察
 SFにおいて「人型ロボットに心は宿るのか?」というのは人気のあるテーマの一つです。PSUシリーズではヴィヴィアンを中心としたエピソードでこのテーマが使われています。

 PSUでは「キャストに心がある」と認知されてから百年以上が経過しており、ドラえもんやトランスフォーマーのようにロボットが心を持っていることを深く疑問に思うシーンはありません。(イルミナス関係者はキャストを機械扱いする場面がありますが、あれは差別主義者なので除外とします)

 ネーブは女性の臀部に強い興味を持ち、ノルフェはヒューマンの子供を養子に迎えます。カーツにいたってはマヤのハニートラップに引っかかりました。

 彼らは実に人間的に振舞っています。これがグラールとって極めて特殊な事例という可能性は考えられますが、彼らは「天才科学者が生み出した特別なロボット」というわけではなく、GRMという企業が占有している技術によって生み出された存在です。その為、私は「全てのキャストには心がある。もしくは心を持つことが出来る」という事を前提に考察します。意図的に感情機能を切っているルウを除いて、ストーリーモードのモブ役キャストに無感情な言動をするキャストもいますが、あれは「心が冷たい人間」程度の無感情です。

 少々前置きが長くなりましたが、本題に入ります。

 まず、私は「キャストの肉体は人間の肉体とほぼ同等の機能を持っている」と解釈しています。ゲーム中でキャストもフード系回復アイテムを使用できる、EP3にダメージを受けてフラフラになっている(痛覚があるような表現)キャストが登場した、というのがこの解釈の根拠です。つまり、人間の肉体を人工物で再現したのがキャストの体です。

 ならば、キャストの肉体を制御する部品は、人間の頭脳とほぼ同等の機能を持っているのではないでしょうか? 人型の作業機械にもっと融通をきかせようとした結果、人間の脳と同じ機能を持った制御装置が発明されたとも解釈出来ます。

 PSUには生まれた瞬間から心を持っているキャストは一切登場していません。人間の頭脳と同等の機能を持った制御装置を搭載しているキャストは、人間と同じように生活することで心に芽生える。これがキャストに対する私の解釈です。
[PR]
by ginseiseki | 2010-05-05 15:10 | PSU考察
 SEEDは多の生物を浸食する特性があるという設定で、劇中では炎浸食と氷浸食が登場します。また、ステージが浸食されるのは炎と氷のみですが、モンスターの属性が変化しているパターンは闇属性以外は全てあります。もしかしたら劇中には登場しないだけで、雷浸食や土浸食のSEEDコアがあるのかもしれませんね。

 描写を見る限りでは、生物や土地の属性を浸食によって変化させていると受け取れます。ここでは生物の体内や土地に含まれているフォトンの属性を変化させていると仮定しましょう。

 しかし、この仮定で気になるのはなぜすぐさま闇属性に変化させないと言う事です。炎浸食されたヴァーラを例に考えると雷から炎へ、そして闇属性のSEEDフォームへと変化する事になります。雷からすぐに闇へとフォトン属性を変化させれば、楽に原生生物をSEEDかさせられると思うのですが。

 もしかしたら、一度本来の属性とは別の属性にねじ曲げなければ、SEEDフォームに変化させられないのかもしれません。そうなると人類がSEEDに浸食されないと言うのも、旧文明人が体内のフォトンを一色に偏らせないように現人類を生み出したのかもしれません。属性ありの人類型モンスターが登場していますが、ここではそれはシールドラインを装備しているからであると解釈します。
[PR]
by ginseiseki | 2010-03-28 19:28 | PSU考察
ブログトップ