銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

補助テクニックの具体的な効力

 補助テクニックはプレイヤーキャラクターの能力を一時的に上昇させるテクニックで、これがあるおかげで安全に素早く敵を倒す事が出来ます。でも、この補助テクニックは世界観考察的に考えると、どのような効力によって攻撃力や防御力がアップするのでしょうか?

 まずアグタールから考えてみます。これは攻撃力上昇のテクニックですから、真っ先に思いつく効力が筋力アップですね。とはいえ、これは筋肉の量を増やすと言う意味ではないと思うのです。補助テクニックを使って体格が変化する描写はありませんし、なによりも可憐なニューマンの女キャラがムキムキになるのは精神衛生上宜しくありません。

 ですので、筋肉そのものの能力を上げていると見た方が良いでしょう。人間の筋肉は全力を出して傷つかないように脳がリミッターをかけていると聞きます。ですので、そのリミッターを解除しつつ、肉体が壊れないように筋肉の強度を上げているのかもしれません。

 次は防御力アップのデフパールです。これも筋力の強度アップのほかに、骨の強度アップもあり得ますね。間接が固いと怪我をしやすいので、柔軟性も上げているかもしれません。

 3番目はゾディアールの命中・回避アップです。これはおそらく反応速度のアップでは無いでしょうか? 動体視力や神経を流れる電気信号の加速などが考えられます。

 4番目は法撃・精神アップのレティアールです。これは鎮静作用ではないかなと考えています。テクニックの効力は精神に依存しているようなので、普段以上の集中力によってテクニックの威力を上げているのかも。

 ちなみに、テクニック防御面での考察ですが、身もふたもなく言うと全然思いつかないと言うのが正直なところ。いくら魔法的な力で生み出されたとはいえ、火球や岩塊によるダメージを心が強いだけで軽減できるとは思えないのです。精神のみにダメージを与えて対象を廃人(ネトゲプレイヤー的な意味ではありません)にすると言った攻撃ならまだ分かるのですが・・・・・・

 ラストのディーザス・レンティスは、本来受けるダメージを軽減するテクニックです。掛けられたときのエフェクトでは扇状の物体がキャラクターの周りを回転しています。私はこれを、テクニックで生み出した簡易シールドラインではないかと思っています。どちらもダメージの軽減と言う意味では同じ役割です。

 ディーザス・レンティスと同じ(似た)効力を持つ装備の研究した結果がシールドラインであると考えるのは、なかなか面白いと思うのです。
[PR]
by ginseiseki | 2009-07-12 19:00 | PSU考察
ブログトップ