銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

PSOの武器がグラールに来た理由

d0059341_15123858.jpg

 今ではすっかりファンサービスと化しているグラールとラグオルとの関連性です。しかし、最近の私はPSUとPSOのクロスオーバー小説を書いているので、そのための世界観を設定する過程で出てきた考察の一つをここに記載したいと思います。

 クロスオーバーというからにはグラールにはラグオルの世界観を、ラグオルにはグラールの世界観が混じっていなければなりません。私がグラール側でラグオルの存在を匂わせるのに使ったのは、PSO武器です。

 PSUのゲーム中で、多くのPSO武器の説明文には「別次元からきた」「使用されている技術が全くの未知」といった記述が書かれています。このことから、私はラグオルはグラールとは異なる次元に存在する平行世界であると解釈しています。

 さて、問題はどのような原因があってラグオルの武器がグラールにやってきたということです。コレは異なる次元を通る抜け穴のようなものがなければ不可能ですね。そのようなものが発生する心当たりといえば、私はAフォトンしか思い当たりません。

 Aフォトンはナノトランサーの動力源でもあり、空間操作能力があると設定されています。とはいえ、EP3ではAフォトンを使わずに封印装置を使用したので、大量にあれば通常のフォトンでも空間操作は出来るのでしょう。

 レリクス文明期は劇中の現代よりも進んだAフォトン技術を持っていたことから、より日常的に空間操作が行なわれた可能性があります。私は頻繁に異次元から物質を出し入れしたために、次元にひずみが発生し、ラグオルの存在する世界との通り道が出来てしまい、そこからPSO武器がやってきたのではないかと考えています。
[PR]
by ginseiseki | 2009-06-24 15:36 | PSU考察
ブログトップ