銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

マンガ肉武器は何の肉か?

d0059341_11575154.jpg

 多くの人たちが一度はあこがれる夢の料理、それがマンガ肉。私も幼い頃、母に「骨付き肉が食べたい」といったところ、骨付きローストチキンを夕飯に出された思い出があります。母さん、せめてTボーンステーキ出してください。

 さて、先日のアップデートで限定ミッションのファーストステージから、そのマンガ肉をモチーフにした武器がドロップするようになりました。ブルースとの交換ミッションで運よくミディアムに焼けると、ゲーム画面であるものの、なんともおいしそうな感じです。

 しかし、ここでひとつ気になることが。この肉って一体何の肉なのでしょうかね。

 PSUの世界で食用肉として飼育されているのはコルトバとムルアカです。グラフィックを見ると、肉の切り身に骨の形をしたフォトンの棒をさしているように見えますが、肉のサイズがコルトバ・ムルアカと比べると大きすぎます。

 現実世界ではコルトバたちよりもずっと体の大きい牛という食用家畜がいますが、それでも骨にハンバーグを巻きつける、ハムやソーセージを骨にさす、薄切りのばら肉を骨に何十も巻きつける、といった風に、単体の切り身に骨という本来のマンガ肉の形を完全に再現していません。

 もう一度グラフィックを見てもこのマンガ肉武器は単体の肉の切り身に骨を刺しています。となると、コルトバやオルアカよりもずっと巨大な生物の肉である可能性が高い。

 こんなサイズの肉の切り身を出せる生物といえば・・・・・・ディ・ラガンやゾアルゴウグでしょうか? ドラゴンボールで恐竜を倒してマンガ肉を食べているシーンがありましたけど、さすがにこいつらは食べられるのでしょうか・・・・・・

 いやいや、まってください。そもそも、このマンガ肉武器が人間用の肉とは限りません。そもそも肉を武器として使っているのですから、強度を考えると文字通り歯が立たないくらいの硬い肉かもしれません。そうすれば、ディ・ラガンのように食べることが出来るとは思えないような生物の肉でも大丈夫です。
[PR]
by ginseiseki | 2009-04-22 12:00 | PSU考察
ブログトップ