銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

ロールプレイ日記 第6章追加シーン

 3ヶ月ぶりのロールプレイ日記となります。今回は今までの更新で、追加されたシーンとなります。





d0059341_20421477.jpg

 かつてはこの場面で私は空気の読めない男として扱われていましたが、新たな未来への分岐点が現れました。当然、不当な扱いを受けることなど真っ平ごめんですので、私は新しく生まれた物語を選択します。

d0059341_20532489.jpg

 赤面モノの自分たちの行動を明らかにされたイーサンは少し不快な表情を浮かべます。スミマセンネェ、仲睦マジイ恋人タチノ甘イ語リ合イガ聞コエテキタノデ、ツイ他ノ人タチニモ知ッテモライタカッタノデスヨ。


d0059341_20562162.jpg

 新たな物語はこれだけではありませんでした。封印装置防衛のための殲滅戦にはマヤとヒューガがパーティーに加わることなり、イーサンとカレンはジェネレーターの設置作業を担当してもらいました。

d0059341_20582012.jpg

 どれほど金策に走り回ろうと、フォトンジェネレーターが予定の数まで達していない現状に、ヒューガはなにやら思うことがあるようです。その思い悩む姿を見たマヤは、優しい言葉で背中を後押しします。彼女の瞳からは、ただ単にヒューガが仲間であるからというだけでなく、それ以上の感情が見え隠れしています。

 ドウヤラ、コノ世界ニ、マタ一組恋人ガ生マレルヨウデスネ。

 おそらく、この葛藤が次の章でヒューガがGRMの資金をなげうってフォトンジェネレーターを提供することにつながるのでしょう。
[PR]
by ginseiseki | 2009-04-18 21:05
ブログトップ