銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

ヒューマン原理主義者が使う差別表現

 SEEDとは別の組織的な敵として登場したイルミナスですが、ヒューマン原理主義という設定があるというのに、「アークガルドの幻影」以外で、差別主義者的な描写がほとんどありませんでしたね。まぁB指定のゲームソフトですから、クー・クックス・クランとかネオナチみたいな感じには描写出来ないのもあるでしょう。

 とはいえ、世界観的に考えるならば、確実にヒューマン以外の種族を侮蔑をこめて呼んでいるのは間違いないでしょう。私の書く二次創作小説では、イルミナスの構成員が他の種族を呼ぶときは「亜人」と呼ばせています。

 さらに突き詰めて考えるならば、各種族個別の差別表現がありそうですね。キャストは人形・箱野朗・マネキンなど、ビーストは獣や家畜を連想させるような蔑称、ニューマンは長耳と、身体的特徴を悪い意味で捉えた言葉が使われるでしょう。

 こう考えていると、差別主義者が敵役として多用されるのがよく分かります。まともな考えを持つ読者ならほぼ無条件で、憎まれることが出来ますから。
[PR]
by ginseiseki | 2009-01-05 21:43 | PSU考察
ブログトップ