銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

モンスターの属性と呼吸

 PSUに登場する敵キャラクターは、人類以外は必ず属性を持っています。では、この属性は一体どのような形で決定されるのでしょうか。

生息地と属性
 まず、私が思いついたのは呼吸です。グラール太陽系では大気中にフォトンが存在するという設定なので、呼吸によって属性フォトンを体内に取り込むことで、属性を得ているのでしょう。

 たとえば、パルムに登場する原生生物系の敵は必ず雷か炎属性です。ということは、パルムは大気中にゾンフォトンとバンフォトンが多く含まれる環境だと考えられます。

 ゴルモロは原生生物なのに光属性ですが、あれはレリクスにしか登場しない敵なので、おそらく特殊な環境かで生活していたから光属性を帯びているのでしょう。

人類の属性は?
 ですが、次に問題になってくるのは人類の属性です。先ほどの理論で行くと、先祖代々同じ土地に住んでいる人間は、その地域の属性を帯びるはずです。しかし、ローグス・マッズとローグス・ウィッコを除き、人類系の敵は無属性です。原生生物の理論と矛盾が発生します。

 この問題の答えとして私が持ち出すのは、シールドラインの存在です。この道具はグラール太陽系において、ボディアーマーや防弾チョッキのようなものであると考えられるので、戦闘に参加する者は必ずといって良いほど装備しているはずです。

 ですから、人類系の敵と戦う時に表示される属性はシールドラインの属性であると考えれば、先ほどの住む場所によって属性が決まるという理論と矛盾がなくなります。

 グラール太陽系でまだ法撃武器が発明されなかった時代では、扱えるテクニックの属性の得手不得手があったのかもしれませんね。
[PR]
by ginseiseki | 2008-07-29 19:57 | PSU考察
ブログトップ