銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

ロールプレイ日記 インセント・ガール

 これは一人用ミッションであるため、Aランクで敵のレベルが160でも簡単に倒せることができ、地味に旨いミッションです。とはいえ、途中にあるフォトン砲はダメージが最大HPの50%なので、注意しないとCでも失敗してしまいます。



 まだライアと出会う前、ガーディアンズ訓練校を卒業した直後に、私は初めてのミッションに挑戦することになりました。

 まさか正式ライセンスをもらう前から、ミッションに借り出されるとは思っても見ませんでした。しかし、半人前とはいえ依頼されたミッションには全力で取り組まなければなりません。

d0059341_818131.jpg

 ミッションの依頼人はGRMの科学者、チャーリー・アルでした。ミッションの内容は、GRMが開発した次世代キャスト、ヴィヴィアンの訓練に同行するというもの。

 彼女は感情表現能力が向上したキャストですが、まだ生まれたばかりなので自分のスペックを発揮できていません。そこで、私と一緒に訓練を行うことでその能力を開眼させるということです。

d0059341_8255997.jpg

 同盟軍が使っている高難易度のVRシミュレーターで私とヴィヴィアンは訓練に励みます。しかし、このシミュレーターは本当に難しい。訓練学校で使われているものとは段違いです。

d0059341_8275243.jpg

 途中、ヴィヴィアンが私に質問をしてきました。アル博士によるとヴィヴィアンが感情を表現できないのは、経験が少ないからとのこと。彼女の感情を開眼させるのが、私に課せられたミッションですから、誠意をもって答えます。


d0059341_8302770.jpg

 ヴィヴィアンとの訓練を始めて数日後。彼女は見違えるほどに感情表現が豊かになってきました。はじめは「ブキ ハ タイセツデスカ?」といった質問ですが、最近では「自由時間は何をしていますか?」、「お菓子は好きですか?」といった実に人間味あふれる質問をしてきます。

 旧世代のキャストでも感情を身に付けるものはいますが、それでもキャスト以外の種族と長期間の共同生活をしなくてはなりません。これほどまでの短期間に人間らしさを手にしたヴィヴィアンには驚かされました。

 彼女をきっかけにキャストとほかの種族との距離が縮まると良いですね。


おまけ
 ヴィヴィアンに人間らしさがついてくると、「何と呼べばいいですか?」と聞かれます。その時の呼び名リストがこれ。
d0059341_8365026.jpg

 ちょっと待て。

 下四つの呼び名は一体なんですか?特に「お兄ちゃん」と「ご主人様」です。どう見ても狙っていますよねソニックチーム。
[PR]
by ginseiseki | 2008-07-26 08:39
ブログトップ