銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

ディ・ラガンの生態

d0059341_19582375.jpg

 まず初めに言っておきたい事があります。モンハンに飽きてPSUポータブルの体験版を遊んでいるキミ。ディ・ラガンはリオレイア亜種ではありませんから!

ブレス攻撃の仕組み
 さて、ディ・ラガンの特徴はなんと言ってもブレス攻撃ですね。私は当初、ディ・ラガンのブレス攻撃は空気に触れると発火する物質を吐き出しているのではと考えていました。ですが、それだとほかのドラゴンが雷や光、闇のブレスを吐く説明ができません。

 となると、やはり考えられるのはテクニックの存在。火炎弾は巨大なフォイエで、火炎放射はダム・フォイエということです。これならば、ほかのドラゴンが炎以外のブレスを吐いても矛盾はないはず。

 ブレスをテクニックとするのにはもうひとつ理由があります。それはディ・ラグナスが氷のブレスを吐くこと。

 基本的に動物は体温を持っており、体内で冷気を発生させるのは大きな矛盾があります。アイスを食べ過ぎておなかが冷えるといったレベルではなく、血液などの体液が凍って内部から凍死です。だから、グラールのドラゴンは口からテクニックを発生させているという結論に至ったわけです。

変温?恒温?
 基本的にドラゴンは爬虫類として表現されることが多いですね。おそらく、ディ・ラガンたちグラールのドラゴンもそうでしょう。

 爬虫類といえば変温動物。簡単に言うとノロマです。

 ですが、すべての爬虫類が変温動物でノロマというわけではないようです。恐竜も実は恒温動物ではないか?という学説も出ていますから。

 そもそも、突進やプレス攻撃などパワフルな攻撃をしてきますから、恒温動物とみて間違いないでしょうね。

まとめ
 おもえば、私のPSU考察は文明や科学技術に関することが多く、モンスターの生態に関してはほんの少ししか考えてきませんでした。これからは、もっとモンスターの考察を増やして以降と思います。
[PR]
by ginseiseki | 2008-07-23 20:27 | PSU考察
ブログトップ