銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

生まれたばかりのキャスト

 PSUポータブルの第1章で、生まれたばかりのキャストは社会に出るための教育を受けていることが判明しました。ヴィヴィアンというキャストが「1ヶ月の基礎教育を~」という台詞を言っていました。

 基礎教育というのがどのような内容かはわかりませんが、1ヶ月というまとまった期間を要しているということは、根本的な部分は普通の教育と同じはずです。

 ここで注目なのは、キャストが製造時にインプットされるのではなく、教育という遠回りな手段で社会生活に必要な知識を学習しているということです。

 おそらく、これはキャストが「人」あることが大きな理由なのでしょう。単なる人型の機械ではなく、知的生命体であるためには「学ぶ」という行為は非常に重要な要素であると私は考えています。

 キャストはGRMで生まれるという設定ですから、おそらくGRMの中にはキャスト専用の学校があるのでしょう。ヴィヴィアンは教育を終えたらすぐさまガーディアンズに配属されましたから、従事する予定の職業訓練も同時に行っているのでしょうね。
[PR]
by ginseiseki | 2008-07-17 20:44 | PSU考察
ブログトップ