銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

ハヤテのごとく!36話

 もう12月ですね。あの日が近づくごとに黒いオーラがわき起こってきます。



 「引退してブラジル農園を経営している夢を見ました」なんてナギにいったクラウスは、「引退してもいいぞ」と言われて、ATフィールドを発動するクラウス。まあ実際、ハヤテとマリアがいればナギの世話は十分でしょう。

 クラウスもさすがにプライドがあるので、執事勝負をハヤテに持ちかけますが、ハヤテの圧勝でで、さらにいじけてます。ロンギヌスの槍が追加さていました。

 さすがに迷惑になってきたので、ハヤテとナギは学校に行きますが、クラウスはカーネルおじさんやDIO、ハットリ君のコスプレをして追いかけてきます。だんだん同情の余地が無くなってきました。

 あげくの果てに若者から年寄り扱いされるクラウス。さすがに引退を決心してしまったようです。

 そのようすを目撃したハヤテとナギは、クラウスにやめないでもらうのにはどうすれば良いか、マリアに相談します。ナギは邪険にしていてもクラウスを慕っているようですね。

 そこで出された提案はハヤテがべルダンディーの格好をして説得するというもの。ハヤテかわいそう(笑)ですがタマに邪魔されて、「ああ幻覚か」と思い逆効果に。あと、ハヤテ役の声優さんの演技がうまかったですね。ハヤテを演じているときとかなり違います。

 クラウスには新聞のアイロン掛けと言う仕事が残っているので、引退を取りやめます。でも、新聞のアイロン掛けって、窓際族がコピー取りしか仕事させてもらえないのと同じような・・・本人が納得していることですから別にいいですね。
 
[PR]
by ginseiseki | 2007-12-02 10:31
ブログトップ