銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

さん付けで呼ぶキャラクター

 普通はフィクションの登場人物を、さん付けで呼ぶ必要などまったく無いのですが、逆にさん付けで呼んだほうがしっくり来るキャラクターがいたりします。

 そのキャラクターというのは、ライトノベルの涼宮ハルヒシリーズに登場する鶴屋さん。まぁ、彼女の場合は作中で「鶴屋さん」としか呼ばれてない上に、アニメ版のエンディングで表示されているキャストも「鶴屋さん:松岡由貴」だったりしますが。
[PR]
by ginseiseki | 2007-11-12 12:09
ブログトップ