銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

 RPGの世界観に「属性」という概念がある場合、必ず炎もしくは火の属性が登場します。現実でも五行思想がありますね。その属性というものはたまに違うものもありますが、たいていの場合は「自然界を象徴するもの」として扱われます。

 属性の種類でポピュラーなものは、炎、水(もしくは氷)、風(もしくは雷)、土、あたりです。この中で炎の属性はどうも違和感を持ってしまいます。

 炎以外の属性はそこらじゅうにあったり、日常的な現象だったりします。しかし自然発生する炎は太陽か落雷・火山噴火による火災くらいです。後はほとんど人間が人工的に発生させたものです。

 さらに落雷は気候ですから、それによる火災は風属性が、火山噴火による火災は地熱よるものですから、土属性が発生させた炎といえます。ということは純粋に自然発生した炎は太陽くらいです。

 もっとも身近な炎が自然発生したものではなく、人工的に生み出したもの。そう考えると、どうしても「炎が自然界を象徴」することに違和感を持ってしまいます。
[PR]
by ginseiseki | 2007-03-05 09:08
ブログトップ