銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

登場人物と年齢

 フィクションの人物は年をとらないので、その作品をはじめてみたときは、登場人物は自分より年上ですが、年月がたてば年下になります。私が始めてそれを実感したのは、高校生になってからですね。小学生のときにスラムダンクのアニメを見たことがあるのですが、高校生になったら「あぁ~、自分は桜木花道と同い年になったのか」と思いました。

 またこれとは別に、「こいつは本当に自分より年下か?」と思うことがあります。それを強く感じたのはテニスの王子様のアニメを見たときですね。主人公は、まぁぎりぎり中学生に見えないことはないのですが、ほかの2年生以上のキャラクターは、明らかに大学生くらいにしか見えませんね。今見ても、テニス部主将の手塚が私よりも6歳年下とは思えません。
[PR]
by ginseiseki | 2006-06-06 10:07
ブログトップ