銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

ガンダムのもしもストーリー

 今日はガンダムファン向けのお話です。

 昔、ゲームぎゃざ(現ゲームジャパン)と言う雑誌に、葉書に自分のキャラクターの能力値を書いて送り、2ヵ月後に結果が返ってくるというゲームがありました。高い成績を残したキャラクターはプロの人にイラスト化され、雑誌で掲載されたりします。

 ゲームの内容はいろいろありましたが、その中でガンダムの一年戦争を題材にしたものが一番多かったです。ネットゲームのように複数のプレイヤーが同時にゲームに参加しますから、当然原作とは戦争の結果や物語が異なります。そのストーリーの変化が、かなりすごいことになっていたのでここで紹介しますね。



 

 まず、ガンダムについてです。原作では3機のガンダムのうち2機が破壊されて、残った最後のガンダムにアムロが乗りますが、このゲームではガンダムが3機と無事な上にアムロがガンダムに乗りません。しょっぱなからすごいことになっています。

 次の異なるところは、ガルマについてです。こいつはシャアの策略で死んでしまいますが、このゲームでは専用の黒いザクに乗ってガンダム3機に挑み、大怪我するものの生き残ります。

 最後はオデッサです。この時点でガンダムが量産化され、アムロは一介のガンダム乗りとして戦争に参加します。ここで戦果を上げエースパイロットとなります。

 あとは、原作とほぼ同じ進行で連邦が勝利します。


 ここからはZガンダム編です。Z編ではアクシズがすごいことになっていますよ。

 まず、アクシズはシャア派、ハマーン派、ガルマ派と三つの勢力がひしめき合っています。当然どちらがジオンの後継者としてふさわしいか争うわけですが、何とハマーンとガルマが政略結婚して、勢力図が大きく変わりシャアは敗北します。そのごクワトロにならずにシャアのまま、エゥーゴに入ります。

 Z編のストーリーの違うところはここまです。でもMSはオリジナルのがあります。雑誌に掲載されていたイラストのみですが、アムロ専用ZZガンダムやハマーン専用クィンマンサなどがありました。
[PR]
by ginseiseki | 2006-04-27 16:16
ブログトップ