銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

「萌え」の語源

 昨日、アドマチック天国の秋葉原特集をみていたら、ふと「萌える」という言葉はどこから来たのだろうと疑問に思いました。。国語辞典で調べてみると・・・・・

 萌える〔もえる〕 芽を出す。きざす。めぐむ。「若草がー」

                    講談社 国語辞典第二版より

 と書いてありましりました。ふ~む、もともとの意味では「花の芽が萌え出る」、「草が萌え出て春を感じさせる」というように使うようですね。なら、なぜアニメやゲームのキャラクターについよい好感を感じるときに使われるようになったのですかね。

 私の個人的な考えだと、たいてい「萌える」という言葉を使われるキャラクターが出るアニメやゲームは、ほとんどの場合が恋愛の要素を含んでいます。そして、恋愛感情を持つことを「春が来る」と表現します。ですから、本来の「萌える」は春を連想させる言葉であるため、アニメオタクが使うような意味に変わったのでは・・・・。

実際はどうなんでしょうね。
[PR]
by ginseiseki | 2005-12-18 11:59
ブログトップ