銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

ガンダムSEEDデスティニー

 今日はガンダムSEEDデスティニーについてです。
 物語もクライマックスを向かえオーブ軍&クライン派VSザフトの最終決戦の火蓋が切って落とされたわけですが、その中で非常に気になるシーンがありました。

 アークエンジェルとミネルバが対峙して、ミネルバの主砲「タンホイザー」がアークエンジェルに照準しました。アークエンジェル危うし!!とおもったらムウが間に入り「タンホイザー」を防いでアークエンジェルのピンチを救いました。

 ・・・・・前作と同じ展開かよ!ま、まぁ、ムウが記憶を完全に取り戻す表現としてはなかなかドラマチックなのでよかったんですけどね。私も「タンホイザー」を防いだ瞬間に「まさか、また死ぬのか!?」とおもい、次のシーンで元気に生き残っているのみて胸をなでおろしました。

 しかし、その後のシーンがちょっとどうかと思いました。ムウの乗るアカツキがドラグーンを展開してバリアをはり、アークエンジェルをミネルバの追撃から守ったのです。・・・・・νガンダムのパクリかよ!!いくらなんでも今までのガンダムシリーズからモビルスーツのアイデアを拝借しすぎです。
 
 たとえばザクウォーリアーとグフイグナイテッドは「後継機」っぽい雰囲気があるのでまぁいいですが、ドムトルーパーはジェットストリームアタックが派手になったこと以外ほとんど初代ガンダムのドムと変わらないです。モビルスーツにオリジナリティを持たせれば、もっと面白くなっただろうに。
[PR]
by ginseiseki | 2005-09-25 00:16
ブログトップ