銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

レベルの表現

d0059341_23362387.jpg

 PSUではキャラクター自身のレベルとタイプのレベルにわかれていましたが、PSO2ではキャラのレベルはなく、タイプのレベルのみとなっています。

 これが単なるゲームデザインの違いではなく、世界観設定の違いだとしたならば、どういう意味なのでしょうか?

 アークスというのは生まれつきフォトンを扱う能力が高い人で構成されています。この、「フォトンを扱う」というのはゲーム中でテクニックを使う時くらいしか、目に見えてわかりやすい表現はありません。

 しかし、NPCからの話から察するに、フォトンを使うと戦闘力全般が向上するようです。また、オープニングムービーを見ても、アークスは普通の人よりもずっと身体能力が高い描写がされています。

 レベルが上がるごとにもらえるスキルポイントでプレイヤーは様々なスキルを獲得していますが、このスキル自体がフォトンによる恩恵と話すNPCがいます。さらにはレベルが上がるごとに少しずつ修得するのは、全てのスキルを一度に身につけると、体に負担がかかりすぎてしますという設定です。

 「タイプを自由に変えられるのはプレイヤーの分身であるアークスの世代から」という設定もあるので、タイプというのは科学的な技術によるものでしょう。

 例えば、フォトンによって身体能力を強化する装置があり、ぞれぞれのタイプに用意された強化装置を身につけると、そのタイプとしての力を発揮できるとします。そして、そのタイプを使い続けると、アークス自身もフォトンの扱いに慣れてきて、より効率的に能力を強化でき、スキルの許容量が増えるのでしょう。

 なので、PSO2におけるレベルとは、キャラクター自身が本来持っている戦闘力の強さではなく、各タイプごとに設定された、フォトンによる身体強化に対する熟練度なのではないでしょうか。

 そなれば、キャラ自身のレベルがなく、各タイプ毎にレベルが設定されているというのも納得できます。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
[PR]
by ginseiseki | 2012-09-19 00:00 | PSO2世界間考察
ブログトップ