銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

なぜヒューマンだけがデューマンになるのか

d0059341_2123973.jpg

 画像のエミリアが行っているように、デューマン発生の原因はウィルス、ワクチン、ヒューマンの体質が相互に作用しあっているためのようです。
d0059341_2151362.jpg

 また劇中ではこの結晶の影響で、生物が突然変異し、それと同じでデューマンが発生したとも言われています。

 ただ、劇中ではなぜニューマンやビーストがデューマンにならないのかは説明されていませんでした。なので私が個人的に考察しようと思います。

 まず、ヒューマンは旧文明人に取って人工的に生み出された人類であるという設定に着目します。一万年前になんとかSEEDを撃退したものの、自分たちの肉体と自然環境は汚染され、文明を一度リセットしなければ元通りになりませんでした。そこで、文明を復興させ、それが終わった後に肉体を乗っ取るために、旧文明人が産み出したのがヒューマンです。

 さて、ヒューマンを生み出すとき、旧文明人はSEEDが再び襲来する可能性を考慮していたのではないかと私は考えています。自分たちの戦ったSEEDが全部であるとい保証はどこにもありませんからね。新しいSEEDがまた外宇宙からやってくるかもしれないと考えてもおかしくありません。

 劇中ではウィルスを使わない限り、人はSEEDになりませんでした。この事から、旧文明人はヒューマンを生み出す際に、SEEDへの耐性をつけたと考えています。

 このSEED耐性がウィルスとワクチンと相互作用し、突然変異を促す結晶が刺激を与えることで、デューマンが生まれるのではないでしょうか。

 では何故それがヒューマンのみであるかとういことです。ニューマンとビーストはヒューマンを遺伝子操作して生まれた種族ですから、その流れで同じくSEEDの耐性があると解釈します。ヒューマンと同じく、ウィルス、ワクチン、SEED耐性と三拍子揃っているのに何故デューマン化しないのかは不自然ですが、ポイントは『ヒューマンを遺伝子操作して生まれた種族』という部分です。

 エミリアも『ヒューマンの肉体が』と行っていますし、ニューマン・ビーストにあってヒューマンにはない何らかの遺伝子的要因が、デューマン化を防止しているのではないでしょうか。
[PR]
by ginseiseki | 2011-03-02 21:26 | PSU考察
ブログトップ