銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

新種族デューマンについての予想

 今回はファンタシースターポータブル2インフィニティで新たに登場するデューマンという種族についての予想考察です。なので、発売日前は情報をできるだけ知りたくないという人は注意してください。






























 ファンタシースターポータブル2インフィニティが発表されてから、ゲーム雑誌や公式ブログなどでいくつか情報が出てきたので、新種族デューマンについて予想考察をしようと思います。

 まず、この記事を投稿した時点で判明しているデューマンの情報です。

・デューマンはヒューマンの突然変異であり、SEEDが関係していると思われる
・デューマンは左目に眼帯をしている
・体内のフォトンを凝縮して武器化する、インフィニティブラストという能力を持っている
・新しい人種だが、ある権力者の手によって、表立った差別は受けていない。
・あるキャラクターがデューマンとって登場する

 注目するべきなのは、突然変異にSEEDが関わっているということですね。雑誌やブログなどでは「思われる」と断言していませんが、実はシードとは無関係だったなんてオチならば、そもそも公にしないでしょうし。

 さて、ファンタシースターユニバースシリーズでSEEDと密接な関係を持っている人間といえば、真っ先に思いつくのがヘルガとハウザーです。二人は劇中でSEEDの力を身につけた人間と描写されました。

 ヘルガとハウザーはデューマンという可能性も考えられますが、微妙にデューマンの設定と一致していない部分があります。

 考えられる説としては、SEEDの力を持つ人間を作り出すために、イルミナスは人体実験を繰り返し、ヘルガとハウザーという完成形を生み出す過程で生まれた者達がデューマンということです。

 しかし、差別主義集団であるイルミナスが、いくら強力な力のためとはいえ、ヒューマンを変異させるとは考えにくいですので、これはボツ案ですね。

 もう一つ考えられる説としては、イルミナスのSEEDウイルスが原因で変異したというものです。

 劇中ではSEEDウィルスによって、大勢の人間がSEEDに変異してしまいましたが、その中でSEEDにならずに人の姿を保ったまま変異したのがデューマンというのがこの説の考えです。

 この説の根拠は「ある人物がデューマンとなって登場する予定がある」という情報です。

 登場人物の中で、SEEDに変異しながらも人間に戻ることが出来た人物がいます。そう、ヒューガです。彼というキャラクターは、SEEDに取りつかれても何らかの対処をするか、何かの要因があれば、SEEDウィルスに感染しても人の理性と姿を維持できることを示しています。

 劇中ではマヤがSEEDウィルスのワクチンを作成していましたが、ワクチンはあくまでSEED化を防ぐ効果があるだけで、SEEDによる肉体の変異を完全には止められず、結果ウィルスに感染したヒューマンがデューマンになった。

 あるいはもっと単純に、あるヒューマンの中には何らかの要因があって、その要因とSEEDウィルスが組み合わさって、デューマンへと変異させた。

 次に気になるのは眼帯の下ですね。特定の個人が眼帯をしているならば、病気や怪我で目を失ったからと説明できますが、種族全員がもれなく眼帯しているということは、隠している左目に明らかに他の種族とは異なる身体的特徴があるのかもしれません。

 デューマンの姿は病的に肌が白いヒューマンですから、デューマンとしての特徴である左目を隠して、ヒューマンとして生活しているとも考えられます。

 最後に、デューマンを差別から保護している権力者についてです。一番可能性があるのは、ガーディアンズ総裁のライアですね。ガーディアンズはSEEDによる人間の変異についての情報を最も持っている組織でしょうから。

 例えば仲間であるヒューガが実はヒューマンと異なる種族に変異してい事が判明し、他にも同じ人間がいないかと調査していくうちに、デューマンの存在を知り、差別から保護しようとしたということも考えられます。

 インフィニティの発売日は今冬が予定されています。できるだけ早く発売されることを願います。
[PR]
by ginseiseki | 2010-09-10 11:03 | PSPo2
ブログトップ