銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

大地神の人格

 カーシュ族が崇めている神である大地神とは、レッドタブレットに宿っている旧文明人という設定ですが、彼あるいは彼女はミカのように姿を見せることはなく、劇中ではその存在が語られるのみでした。

 気になるは大地神がどのような考えを持っていたかと言うことです。マガハラを開く鍵であるレッドタブレットに宿っていたと言うことは、旧文明人のなかではそれなりの重要人物であると予想されます。マガハラに存在する旧文明人は全員がカムハーンの支持者であるというのが私の解釈ですが、大地神にかぎっては定かではありません。

 仮に大地神がカムハーン派だったとしましょう。しかし、それでは少々不可解な部分があります。大地神はカーシュ族から神として崇められているのですから、その立場を利用して、彼らにカムハーンの味方をするように仕向けると思うのです。復活計画のことを上手く隠して、「太陽王に味方するのが使命であり、そうすれば幸福な世界に行くことが出来る」という教義があってもおかしくありません。しかし、カーシュ族のユートはそういった素振りを一切見せませんでした。このことから、大地神はカムハーンに追従する考えを持っていないと解釈出来ます。

 大地神はミカと全くおなじ考えではないかもしれませんが、少なくともカムハーンに敵対する姿勢を持っていた可能性は高いと思います。もしかしたらミラージュブラストをカーシュ族に伝授したのも、カムハーンが復活計画を始めた時の対抗手段としてそうしたのかもしれません。事実、カムハーンはカーシュ族の村を攻撃していますから、カムハーンと大地神が味方でないのは確かなはずです。
[PR]
by ginseiseki | 2010-02-02 21:58 | PSU考察
ブログトップ