銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

旧文明人は邪悪か否か

注意 このブログ記事にはPSPo2のストーリーのネタバレが含まれています













 PSPo2の大まかなストーリーは、ヒューマンの肉体を乗っとって復活する計画を阻止すると言うものです。この作品はRPGであるため、基本的に戦いはラスボス対主人公勢という形ですが、俯瞰的な視点で見ると、現代文明と旧文明の戦争です。

 しかし、肝心の旧文明勢力がミカとカムハーンしか登場していないため、マハガラに封印されている旧文明人達がどのような考えを持っているか全くわかりません。

 見方を変えれば、現代文明は自分たちが生き残るためとはいえ、マハガラにいる旧文明人達を大量虐殺(精神のみの存在でも生きていると認識するのならば)したことになります。だからといって、「はいどーぞ」と旧文明人達に肉体を譲渡するのも間違っていますが。こんな状況は勝ち負けでしか解決出来ませんからね。話し合いによる平和的な手段を用いたとしても、相手を「言い負かす」ことには変わりありませんから。

 とはいえ、私は「文明の再興をヒューマン達に丸投げして、全てが終わった後はその肉体を乗っ取る」という考え方をする旧文明人の思考を「邪悪である」と認識しているので、基本的に現代文明が旧文明を倒したことを支持します。

 「ミカのような善玉の旧文明人もいるのだから、一方的に旧文明人を消すのは良くないのでは?」という反論もあるでしょうが、「ヒューマンの肉体を奪ってでも生き様とはせず、自分たちはおとなしく死ぬべき」と考えているのならば、そもそもマハガラに自分たちの精神を保存しないでしょう。

 また、カムハーンの性格を考えれば、自分の考えに反対する者たちを生かしておくようなことはしないので、自分の意思に関係なく旧文明人全てがマハガラにいるとは考えにくい。ミカの場合は、復活計画を潰すためにあえて残ったとも考えられます。

 なので、私は「マハガラにいる旧文明人はカムハーンの支持者のみである」と解釈しています。だから、PSPo2のロールプレイ日記で赤木鳩美が旧文明人に対して敵意むき出しなのです。
[PR]
by ginseiseki | 2010-01-02 10:00 | PSU考察
ブログトップ