銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

グラールの観光業について考える

d0059341_96983.jpg

 PSPo2にてプレイヤーの拠点となるクラッド6。このコロニーは観光用コロニーとして機能しているという設定です。ゲーム中に確認できる用語集をみると、どうやら中には人工海や豪華客船(閉鎖空間の中ですから、ただ乗っているだけでしょうけど)があるようです。外観を見ると、巨大なリングの周囲に球状のユニットが接続されているので、おそらくそこがリゾート区画でしょう。

 ここで少し気になるのは、リゾートコロニーと言う人工環境の観光地が存在することです。普通ならば、わざわざ擬似的な自然を楽しむより、本物の方を楽しみたいと思うはずです。

 もちろん本物の自然を観光する需要はたしかにあるでしょう。しかし、グラールには危険な生物が多く、おそらく安全に自然を観光出来る場所は極めて少ないと私は考えています。だからこそ、クラッド6のようなコロニーがあるのかもしれません。

 あるいは、ガーディアンズや傭兵に対して、観光地の安全確保のため現地のモンスターを排除して欲しい、という依頼が来ているのかもしれません。PSPo2のフリーミッション「桜華の法撃」ではリトルウィングの社員旅行のため、下見をかねてサグラキ保護区のモンスターを殲滅するというシチュエーションが設定されています。

 ただ、それにしてもコストやリスクは高くつきそうなので、もしかしたら遊園地のようなレジャー施設がグラールではメインなのかもしれません。他にも植物園や博物館など街中で楽しめるレジャー施設が考えられます。
[PR]
by ginseiseki | 2009-12-27 09:46 | PSU考察
ブログトップ