銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

兵器のような外見の原生生物

 PSPo2から新たに登場したモンスターのうち、パルムに出現するスティンギーを見たとき、私は初めスタティリア系かマシナリー系のモンスターかと思いました。

 エンターブレイン社から出版されている設定資料集によると、パルムのモンスターはSEEDから進化(あるいは退化)したという設定を持っているらしいので、動物として考えたら奇妙な姿をしているのも納得です。

 くわえて、旧文明がSEEDを退けたときには、グラールの土地は人が住めないくらい汚染されています。おそらく本来の意味での原生生物はすでに絶滅しており、残留したSEEDフォームや、SEEDによって突然変異した生物しかいなかったのでしょう。

 ですから、現代のグラールに生息する生物の殆どは、SEEDや突然変異生物を祖先とする可能性が高いです。ラグオルではアルタード・ビーストであったシャーク系モンスターが、グラールでは原生生物と認識されるのも納得出来ます。

 さらに、旧文明がSEEDと戦うために生み出した生物兵器が野生化したと考えることも出来ます。実際、ディ・ラグナスが退化して野生化したのがディ・ラガンという設定です。

 さらに、ヴァンダやヴァーラなどは体の一部が剣や盾などに変化しているのもいます。もしかしたら、それは先祖返りした個体で、生物兵器であったころの姿なのかもしれない。そう考えるのも面白いかもしれません。
[PR]
by ginseiseki | 2009-12-25 16:32 | PSU考察
ブログトップ