銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

ロールプレイ日記 亜空間へのパスポート

 注)このブログ記事はサイドストーリーミッション『亜空間へのパスポート』のネタバレがあります。

 明日発売されるファンタシースターポータブル2の発売に先駆けて、連動ミッションである『亜空間へのパスポート』が実装されました。PSUとPSPo2をつなぐ物語のことですが一体どのような内容か楽しみですね。





d0059341_20563218.jpg

 SEEDとの戦いが終結し、ガーディアンズのミッションが戦闘よりも復興作業に当たることが多い日々を過ごしていました。

 そんなある日、マヤ・シドウさんからパルムのガーディアンズ支部に来るよう言われました。

 正直なところ彼女が作る必殺料理(本人は独創的かつ実用的な創作料理のつもりらしいですが……)の話はイーサン・ウェーバーやヒューガ・ライトから聞いていたので、嗚呼とうとう私にも味見する番が回ってきたのかと、ある種の諦めを含んだ感情が沸き起こってきました。

 ですが、実際はそうではなく、インヘルト社という亜空間研究を行なう総合企業から寄せられた依頼でした。

 インヘルト社の代表であるナツメ・シュウ氏は、亜空間研究を行なう学者でもあるそうです。今回の依頼は、亜空間の謎を解くカギとなるレリクスの調査とのこと。

 ナツメ代表は亜空間のことを『あらゆる可能性を内包した空間』と称しているようですが、専門知識も無い私にとってはいまいちピンとこない話です。

d0059341_20571489.jpg

 マヤさんのナビゲートを受けつつ、私はレリクスの調査を始めます。新しく発見されたレリクスではありますが、原生生物が入り込んでいる事は今までと全く同じです。

d0059341_20573369.jpg

 レリクスにはスタティリアをはじめとする、攻撃的なセキュリティーが施されています。ゴーグルでトラップの有無を確認しつつ慎重に進んでいたのですが、信じられないことに不発とはいえ罠に引っかかってしまいました。

「このレリクスのトラップはゴーグルでも見えないから、普段から気をつけないとね」
 
 ちょっとマヤさん! そういうことは最初に教えてくださいよ! あなたさっき事前調査したと言っていたじゃないですか。

 とはいえ、見えないトラップ相手に対策を立てられるわけもなく、私ができることといえば、トラップに引っかかることを覚悟するという後ろ向きな思考しかありません。

d0059341_20584370.jpg

 順調に調査を進めていましたが、突然通信機が小さな不調を訴え始めました。かなり前から使用している機器なので仕方ないですね。

 なぜそんなオンボロを使っているかというと、先の第二次封印戦争でガーディアンズの資金はかなり減ってしまい、装備を常に最新にしておくことができない悲しい台所事情があるからです。

d0059341_2059281.jpg

 第四階層に足を踏み入れたとき、私は信じられないものを目の当たりにしました。心臓のように脈動する肉の壁に覆われた、巨大な動物に飲み込まれたような気分にさせる場所。そこは間違いなくHIVEでした。

 しかし、私はパルムのレリクスにいたのです。なぜいきなりHIVEにいるのか? 予想外の自体にこのレリクスの調査は打ち切られることになりました。

d0059341_20591529.jpg

 なぜ、レリクスの内部にHIVEが存在しているのか。マヤさんの予想ではVRかそれに類似する装置が稼動していたからではとのことですが、詳しいことは分かりません。

 ひとまずこのことはナツメ代表に報告。加えて、ガーディアンズとしても、ナツメ代表の依頼とは別にあのレリクスを調査する必要があると、マヤさんが調査部に進言することになりました。
[PR]
by ginseiseki | 2009-12-02 21:00
ブログトップ