銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

キャストは電気コルトバの夢を見るか?

d0059341_2021165.jpg

 PSPo1のヒロインであるヴィヴィアンに限らず、差別主義に傾倒していた初期のカーツや、イーサンとAndYouに対してライバル心を見せたマガシ。色欲にまみれた典型的ヒヒ爺のネーブ。養子を向かえ母になる決心をしたノルフェ。任務の都合上、感情表現機能を切っていたルウを除いて、PSUに登場するキャストは実に人間味を帯びています。

 このようにキャストに人間味が強く出ているのは、生身の人間の脳とほぼ同じ機能を果たすAI(もしくはそれに類するもの)を搭載しているためだと私は解釈しています。さらに、フード系アイテムが使用できることからも、キャストは生身の人間と同じように食事が出来る可能性があります。身もフタもない言い方をすれば、キャストはドラえもんと同じともいえるでしょう。

 そこで気になったのですが、ドラえもんがのび太の部屋の押入れで寝ていたように、キャストもまた睡眠を取るのでしょうか? DC版PSOVer1の頃に角川スニーカーから発刊されたPSOの小説では、アンドロイドは1日の間で得たデータの整理のために睡眠をとるという描写がなされていました。物語自体も、登場人物の一人であるアンドロイドが悪夢を見るところから始ります。

 このPSOの小説はPSOEP3と歴史設定が大きく異なっているので、公式からはなかったことにされているものですが、個人的にはキャストもデータ整理のために睡眠をとり、またその過程で夢を見るということにしたいです。

 理詰めで考えてもキャストがデータ整理のために活動を一時的に休止するという可能性はあると思います。人間はどうでもいいことはすぐに忘れてしまいますが、機械の体を持つキャストはその”どうでもいいこと”を一つも取りこぼさずに覚えていると思います。

 当然、キャストの記憶領域はいくらあっても足りないので、記憶の取捨選択は必ず必要でしょう。ただ、それを逐一行なっていたのでは処理が遅くなる、つまりキャストにとっては思うように体が動かせなくなると思います。ならば、生身の人間と共に生活する以上、夜中に活動しても意味はないので、その時間は1日のうちに貯まったデータの整理に当てたほうが合理的であるとして、キャストは眠るということです。

ここからは追記

 コメントからの情報により、PSPo1にてキャストは夢を見ないことが分かりました。PSPo1でヴィヴィアンが夢を見てみたいという発言をするシーンがあるとのことです。ただ、睡眠の可能性はまだあると思います。睡眠事態がないと「夢を見たい」という希望を言うことは少ないと思うからです。キャストが眠らなければ、ヴィヴィアンのキャラクター性を考えると、「夢とはどういうものだろう」という疑問になるでしょうから。
[PR]
by ginseiseki | 2009-10-13 20:19 | PSU考察
ブログトップ