銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

PSPo2における移民政策の違和感

 先日書いたTGS2009でのPSPo2プレイ感想記事で、読者の方とコメントで行なったやり取りを踏まえて、PSPo2における資源枯渇問題を移民によって解決するというストーリーの考察を少しまとめます。

 まず、PSPo2のストーリーがゲーム雑誌などで明らかにされた際、EP3から3年後のグラールでは資源枯渇問題が深刻になり、亜空間航行理論が研究されているとかかれていました。このとき私は、外宇宙から鉱物資源をふんだんに含んだ小惑星などを持ってくるためにワープ技術が研究されていると考えていました。

 しかし、東京ゲームショウで公開されたPVでは、「外宇宙へ移民する」とナレーションされていました。

 別の惑星に移民するという流れは、PSOと同じような展開に思えます。しかし、PSOのコーラルは戦争があったという共通点はあるものの、環境汚染と資源枯渇という異なる点があります。しかし、私の中では資源枯渇の解決方法が移民と言う事に対して、素直に受け入れることが出来ないのです。普通、移民は住んでいた土地が住めなくなった、人口が増えすぎた、といった理由から来るものです。資源を求めて別の土地へ何億人もの住民を移動させるくらいなら、資源を調達してくるほうがずっと低コストだと思うのです。
[PR]
by ginseiseki | 2009-09-29 15:43 | PSU考察
ブログトップ