「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

銀星石のブログ

ginseiseki.exblog.jp

銀星石のエッセイブログ

※基本的に新劇場版でのエヴァンゲリオンを語ります。

 ロボットアニメの主人公とはヒーローです。彼らは友情や正義感に熱く。正義と平和にために、ロボットという力を使って悪と戦います。ガンダムのアムロ・レイのように、古典的なヒーロー象を持たないキャラクターも数多くいますが、、正義と平和のような大きなものまでは行かなくとも、仲間や友人たちといった自分にとって大切なモノを敵から奪われないために戦うという点では、ヒーローとも言えるでしょう。

 エヴァンゲリオンの碇シンジもロボットアニメの主人公です。エヴァンゲリオンがロボットアニメというのに反論を持つ方もいらっしゃるでしょうが、「主人公が人型の戦闘兵器を使って戦うアニメ」という広義的な意味でのロボットアニメということで納得していただきます。

 ここ最近になって思うのですが、シンジはヒーローを強要されているのではないでしょうか?

 シンジが「逃げちゃダメだ」と自分を鼓舞するあの有名なシーン。エヴァンゲリオンを初めてみた当時は特に思わなかったのですが、今の私にとって、あの場面は大人たちがシンジを脅迫していると感じるのです。

 あの場面では、シンジは一度戦うことを拒否し、その後重傷を負った綾波レイが初号機に乗り込もうとします。「お前が戦わないからこの娘を戦わせる。確実に死ぬぞ? お前は見殺しにするのか?」エヴァンゲリオンが特定の少年少女にしか動かず、使徒を倒さねば人類が滅亡するとしても、およそ真っ当な大人が行うようなこととは思えません。
 
 大人たちはただシンジに命令するだけです。「頼れるのは君しかいない。怖いのはわかっている。けれど人類のために戦ってくれ」そんな、あってしかるべき説得がありませんでした。碇シンジは人類を守るためのヒーローとして戦って当然。そんな図々しさがあの作品の大人たちに有るのではないでしょうか。

 碇シンジに最も身近な大人であった葛城ミサトも、シンジを気にかける様子を見せますが、どこか「戦って当然」という図々しさがあったように感じられます。ヤシマ作戦の前、気力を失ったシンジにやる気を戻させようとする時、「矢面に立つお前だけが危ない目にあっているわけではない。ネルフの全員がその危険を持っている」といいます。ああいう言い方が出るということは、やはり彼女にも「戦って当然のシンジを戦わせようとする」という意識があったのでしょう。

 新劇場版:Qにおける冷たい態度はその図々しさがあったからこそ出てきたと思います。サードインパクトを発生させてしまい、挙句のはてレイすら助けられなかったシンジはヒーローとして失敗してしまいました。破の時は「行け」とシンジの行動を応援したミサトはQでは「何もするな」といいます。あの言葉は、コイツはヒーローの出来損ないだという、図々しさからくる失望感によって出てきたのではないでしょうか。アヤナミレイを自分が知っているレイと思ってネルフへ言ったシンジを止めるため、チョーカーをミサトが爆破しなかったのは、単に申し訳程度に残っていた良心がそうさせたのでしょう。

 シンジがヒーローとして奮闘できたのは、自分にヒーローを強要しない人達のためです。序では自分に感謝と声援を送ってくれた友人たちのために。破では父親との仲直りを手伝ってくれたレイのために。元々、シンジにはヒーローとして資質があったのかもしれません。ですが、ヒーローを強要する大人たちが逆にシンジを内向的にしていたのかもしれません。

 そう考えると、二次創作の色合いが強いですが、スーパーロボット大戦シリーズでシンジがかなり前向きな性格に成長するのも、彼にヒーローを強要する大人がほとんどいないためでしょう。兜甲児や流竜馬は決してシンジにヒーローを強要しません。「戦いが怖いなら無理をする必要はない。俺が君の分も戦う」彼らならそう言うかもしれません。それに加えて、シンジと似た境遇を持つ少年少女も多く居ます。ヒーロー達と共にいる。自分の気持ちに共感してくれる人達がいる。その環境が、シンジを前向きにするのでしょう。
[PR]
# by ginseiseki | 2014-03-15 08:55 | その他
d0059341_7515220.jpg


自然の産物ではない水膜
 まず、特徴的なのは水の膜に包まれた惑星だということ。この水膜の一部分では内側と外側に向かって水の柱が伸びている。これは明らかに自然に発生したものではないとわかる。ウォパルの水膜は自然に作られたものではなく、何らかの力が働いているのは間違いない。

めまぐるしい昼夜
d0059341_7524829.jpg

 第二の特徴として、この星は昼夜の感覚が非常に短いことがあげられる。画像を見れば、これはゲーム上の演出ではなく、PSO2の世界で実際に発生している現象だと分かる。

 私は学者ではないので詳しく分からないが、ここまで激しく昼夜が入れ替わる環境では、植物の育成を始めとしてウォパルの生態系にかなり劇的な影響を与えてそうだ。

謎の建築物
d0059341_7534965.jpg

 これはウォパルの内側へ伸びている水柱を受け止めている建物である。ウォパルの水膜や水柱が自然発生したものでないのならば、この建物も何らかの機能を持った「施設」である可能性が考えられる。しかし、EP2第1章配信時である現在はウォパルについての情報は殆ど明示されておらず、この施設についても不明のままだ。

 いずれアップデートが進めば、この施設内も探索できるのだろうか? ただの背景として配置されたオブジェでないことを願う。

 そもそも、これは一体、誰が作ったのだろうか。ウォパル内での知的生命体はカブラカンなどがいるが、ヒレ型の腕を見る限り建築物を作れるだけの技術があるかどうか疑わしい。

 なので、カブラカン達以外の知的生命体がかつてのウォパルにいて、その者達が作ったと考える。

 案外、オラクル船団の人類と共通のルーツを持つ知的生命体がウォパルにいて、それがカブラカンの種族に言葉を教えたから、アークスとの会話が可能なのかもしれない。

 
[PR]
# by ginseiseki | 2013-08-09 07:55 | PSO2世界間考察
注意
 この記事は、チームメンバー向けに記述した攻略記事です。

 装備の性能といった具体的な情報は攻略wikiを検索して参照してください。

続きを読む
[PR]
# by ginseiseki | 2013-05-03 13:40 | PSO2
 PSO2で所属しているチームメンバー向けに、攻略wikiなどから調べた情報をまとめたものです。

続きを読む
[PR]
# by ginseiseki | 2013-04-27 11:28 | PSO2
 『ARMORED CORE Vandalism of birdcage』の後編です。

本文を読む
[PR]
# by ginseiseki | 2012-11-10 14:05 | 二次創作小説
 『ARMORED CORE Vandalism of birdcage』の中編です。

本文を読む
[PR]
# by ginseiseki | 2012-11-10 14:02 | 二次創作小説
 本作は、アーマード・コアVの世界観をレイヴン時代っぽくアレンジした、オリジナルの世界観による二次創作です。

 また、以前に「Defeat the ⑨」というタイトルのプロローグ部分を投稿したことがありますが、あれは「主人公の正体はACを動かすコンピュータ」という原作の主任と設定が丸かぶりしたので、ボツにしてしまいました。

本文を読む
[PR]
# by ginseiseki | 2012-11-10 13:58 | 二次創作小説
d0059341_21214017.jpg

 ファンタジーやSFでは定番である、ホモ・サピエンスとは異なる人類。PSO2でもヒューマン、ニューマン、キャストの三種族が登場します。

 過去のシリーズでは、基本的にヒューマン以外の種族は、高度な科学技術によって生み出された人口種族という設定です。PSO2ではヒューマン以外の種族の起源は明言されていませんが、シリーズの慣習に習うなら、ニューマンとキャストは人口種族であるのでしょう。

 しかし、私は別の可能性を考えています。

 それは、『オラクル船団は宇宙で旅をしており、発見した惑星にアークスを派遣して、現地と交流を行なっている』という設定から、『ニューマンとキャストは他の惑星から移住してきた』という可能性です。

 たとえば、ある惑星に人類に、相当する知的生命体いたとして、星の環境がそこに住む知的生命体にとって快適であるとは限りません。もともと過酷であったり、何らかの事情で住みにくい環境になった星に住む知的生命体が、巨大宇宙船という環境を快適に保持された住処があったら、そこに住みたいと考えるものが出てもおかしくありません。

 それに、アークスはダーカーと戦う都合上、フォトンに対する適応力が高い知的生命体と出会ったなら、スカウトするという事も十分に考えられます。

 ですから、ニューマンもキャストもそんな風に移住してきたのかもしれないと、私は考えているのです。

 また、ネットゲーム的観点から見ると、オラクル船団が旅の途中で出会った知的生命体が移住してくるという形ならば、世界観的に新しい種族を実装しても違和感はないと思います。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
[PR]
# by ginseiseki | 2012-10-29 21:23 | PSO2世界間考察
d0059341_23285163.jpg


 プレイヤーキャラクターが所属しているという設定のアークス。このアークスというのはゲーム中の描写を見ると、構成員の統率があまり無いように見受けられます。

 例えばクライアント・オーダーは、依頼人がアークス依頼し、アークスが依頼内容に適した能力を持つ者に仕事を割り振るというわけではなく、直接プレイヤー自身に依頼してきます。

 それ以外にも、個人的な理由や事情で行動しているNPCもいましたし、そもそも「組織」であるはずなら必ずいるはずの管理職に携わっている人物が全く登場していません。

 もしかすると、アークスは調査やダーカーの討伐などは、個人の判断に任せている面が非常に大きいのかもしれません。ゲーム中のアークスクエストは、組織から命令されたものっぽいですが、そういうものは意外と少なく、組織からの命令がない場合は、自由に行動して良いとしているのでしょう。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/
[PR]
# by ginseiseki | 2012-10-08 23:53 | PSO2世界間考察
d0059341_19195928.jpg

 私の所属しているチームがチームルームを獲得したので、早速見てきたところ、奥の窓から推進装置らしきものが見えました。

 窓から見える範囲から判断するに、宇宙船の最後部に、このチームルームがあるとわかります。

 ただ、アークスシップではなさそうです。窓から見える範囲は限られていますが、どこを見てアークスシップの船体が見えません。

 もしかしたら、PSO2の世界において、チームは専用の宇宙船を所持しており、チームルームはそこのブリーフィングルームか何かである可能性があるのかもしれません。
[PR]
# by ginseiseki | 2012-10-07 19:41 | PSO2世界間考察
ブログトップ